年齢相応に

なんとなく“ここではない”かんじ。

なんていうと“ここ”楽しくないのかよ!と失礼なはなし。

楽しくないのではなくてね。

背伸びするわけでもない。未だ大人の自覚が無いし。

でも若くもない。

何もこわくない、不死身な無限な時間の中にはいない。

いや そんなもの感じたことはないかな。

こどものころからいつも“終わり”ばかり想像してたし。

お酒はおいしい。はなしも楽しい。

でも 話そう話そうとしてる自分は

やっぱり違うのかもしれないのかな。

ものごとは長さじゃないよ。濃さだよっていうけど

やっぱり「時間の重なり」だと思う。

どんなにいそいでごしごし磨き上げようと思ったって

10年20年気づいたときそっとなでただけだって

そのなかにはそれだけの時間に包まれている。

たぶんみんなはその時間の中にいて

ごしごしやってる自分がいる。

でも無心にもなれなくて 早く早くそればかり。

誰かと比べてごしごし磨いたってそれはそれだけものも

でもいつもまにか何年もいっしょに過ごしたものがある。

ある。

いろんな人に会う。みんなすごいなあ。

その人の年齢に自分ってなにしてたんだろう。

ああ、もう子育てしてたわ。

子どもがいなければ 結婚しなければ

そんなことはないよね。できるひとはできる、なにがあっても。

しなければ、なんてことはない。

今は 今までの自分がいたからここにいる。

どんどん新しいことおもしろいことに出会う毎日ではないかも

でも毎日おんなじではいてくれない人といっしょにいる。

「来年になったらね」

なんて 

来年になったらまたひとまわり大きくなったからだと

一年分いろんなこと抱えたこころで

全然違うものが見えるんだろう。

畑の帰り、すこし寄り道をして海へいったよ。

来年、再来年 もう私を追い越してしまうだろう。

4人で海なんてあと何回あるんだろう。

酔っ払ったフリをして大騒ぎの真似しても

ちゃんと子どもの寝床の確保したりお風呂の支度して

二日酔いなんてなんだろうって

ザゴ寝の祭りのあとも ふだんとかわらず

起きてくる“おかあさん”な人たち。

年齢相応に分相応に 

今したいことと 今できること

背伸びしないで

でも時にジャンプして

なにができるだろう。

夏休み。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どんより。

【どんより】
1.空が曇って薄暗いことを表わす。
2.目つき・色合いが濁っていて、生気がうかがわれないことを表わす。

のだそうです。

どんよりです。

ただこの時期の梅雨の空は私の中のどんよりではない感じ。

同じ薄雲のようで でもいつ雨粒が落ちてきてもおかしくないような

蒸し暑い湿った空気 ふっと風のなかに雨のにおいが交じる

つねになにかが変わっていて 

さっと気まぐれに吹いた風 雲間からのぞいた太陽めざして

洗濯物を出してみたけど それはほんとにきまぐれで

こまかいシャワーのように 庭の緑が揺れはじめ

洗濯物しまわなくちゃ。

故郷の空は どんよりで 冬は鉛色。

それが空の色。

うごかない変わらない。

うごかない空に 白い点が 現れて ひとつふたつみっつ

ふえて ふえて ふえて

どんどんどんどん空の色は薄まって 

でもやっぱり白ではなくて 薄まった鉛色。

湖の向こうの山も見えなくなって 

砂浜から海のむこうがひとつづきになって

なにもなくなって なくなって

でも すっと消えてなくなるように

足もとがすこし濡れてて しゃりしゃりするけど

また 変わらず ずっとそうだったような どんより鉛色。

どんより。

元来 私は「どんより」の人

それはそれでよかったはずなのに

いつのころからか 

親になってからなのか

どんよりの「反対側」にいこうとしてた。

雲ひとつ無い青空の中。

いつも晴れ晴れとした 元気いっぱい

いろんな色 色 色 いろにあふれる世界。

どんより。

それなら それでもいい気もするんです。

なにも変わっていないから。

濁った色は 時間を重ねた 錆色のようなので

たぶん 今も変わらず 鉛色のどんよりした空が

いいのです。

  

| | コメント (1)

家内発注

前川秀樹・像刻展「水源」

見られませんでした。残念。

いろいろちょっと気がいってることがあって タイミングを逃してしまって

いや、案内を見ているだけで あっ…とすいこまれるような感じと

あっ…とふみこんではいけない感じ。

すごいすごいといわれればいわれるほど

足踏みしてしまいました…。

(いえ、時間もとれなかったんですけど。)

熟成、醗酵を待ち 次回予定は一年半先だそうですね。

「ご縁」ということばもどうかと思いましたが、

「縁がなかったのね。」と言い聞かせてみる。

世の中には大きくも小さくもすごいひとがたくさんいて

すごいなあ すごいなあと思えば思うほど 

自分はなにしてるんだろうなあとか 

そうはいっても簡単になれるもんでもないしなんて

でも自分はそれだけのことをしていないわけだから…

しょせんとか けっきょくとか

本棚の整理をしては出して眺めてみる。

パズルのようなトタン屋根。きれいに並んだ道具たち。

「家内発注」された金属の持ち手のバッグ。

つくる人の暮らし。

「こんなくらしがしたいなあ。」(「できないけどね…。」)

なんて自己完結。

写真を見、文を読み、いつものように本を閉じようと、

「前川…?」 それは前川夫妻のくらしでした。

何度も見ていたはずなのに通り過ぎていた作家名。

「なんだそうだったのか」

もう4年も前の本でした。

そしてそこにはありました。

いっしょにつくることがあたりまえでつくるはなしばかりして

出会ったときから「時間にはかえられない」があたりまえ。

それが時間をお金にかえているような 

数の大きさの早さのためのような

なにが「ふつう」かわからなくなって

でも結局 くらべてばかりいたということだったということ

仕事で学校で 本の中の話まで。

子どもたちが一日がかりでアイスクリームを作ってくれました。

お砂糖と乳製品には気をつけつつ…

なんて、ひさしぶりに楽しいデザートになりました。

子どもが小さいとき よくパンを焼いていました。

休みの日ピザを仕込むのがお約束。

食事とか暮らしとか大事なものいっぱいだけど

お母さんがんばる

ではなくてみんなで楽しいのがいいよねって。

私がしたいのはひとりっきりの作品作りでもなくて

おうちでふたりでつくりたいんだな。暮らしとかモノとか。

「水源」見れなかったのは残念だけど

いつか「LOLO CALO」なふたりに出会うまで

おあずけということかな

と妙に納得して 本棚に戻したのでした。

(でもちょっとひきこもり。なんだか長いこと「下書き」のままだったのでした。) 

| | コメント (0)

元気ですか?

「元気ですか?」と書いてみました。

げんきかなあと思ったので お疲れのようだったので

余計なことだと思ったのですけど。

念じていれば届くような気もするのですが 

でも私の中のものは 私の中でしかないからね。

そうそう 空回りです。

ちょっと近づいたような気がして 調子に乗って

でも なんだか自分だけで舞い上がってるような気がして

落ち込んで…

かまってほしい かまってほしいって 

怒らせることばっかりしてる子どものような気がして

遠くから見てるのが大人のような

かっこいいことばを タイミングを

狙って狙って またハズしてるし…

遠くなれば遠くなるほど

どきどきばかり 大きくなって

カレンダー何枚分も過ぎちゃって あ~あ

「元気ですか?」と書いてみた。

なにがしたいとか なにができるとか

なんにもないけど

元気でいてほしいと思ってます。

あいかわらずです。ぐずぐずしています。うずうずしています。

でも ぼちぼち、楽しくやっています。

あなたは 今、どうしてますか?元気ですか?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遠くなったり近くなったり

話しかけなければ 

一生話さないまんまでいたんだよなあ。

いられたんだよなあ。

…不思議。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

変わる変われ それともとどまれ?

昼休み、お茶入れようとしてカップを落とした。持ち手がとれた。

夕飯の片付け、お皿洗いさんのもとへ持っていこうと…

小皿おとした。割れた。おいおい。

ふうっと もどって 「ぐしゃ」???

そういえばここでさっき横になっていた人がいたような…

夫さんのめがねが…ああ…

モノが壊れるときはじぶんの身の回りも荒れているとかいうし…

ああ~荒れてる~なんだこの惨状は~

というのは ホントですが

ちょっとここのところ あわただしかったかなとも思う。

足元を見よということか。(いやほんとに足元注意!)

あれこれ動くことばかり考えるなということ?

でも捨てられない性分としては なんだか

また『溜まってきた』のかも。

ガラクタだって私の『お宝』だったりするのだけど

一気にそぎ落とそうとしすぎちゃったから

けっこうガラクタモノには後悔もあったりして。

あってもいいかも あったらいいかも

置いておいても…だったかも。

そばにあるものちゃんと見てあげなさいということ。

でもずっとおなじ自分じゃないんだから

『いま』も見ないとね。

あたらしくなれということか。

さてまずは眼鏡屋さん。

変わる?それとも?

…私もあたらしいのほしいですけど。

だめですか。

モノは大事にしましょう。

さらに 皿2枚破壊。おねえちゃんなり。

呪われているとか…?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

受け入れること

変わりたい、変わらないこと。

変わること、変わってしまうこと。

変わりたい自分と

変わってしまった不安と

それでも

時間は重なっているので

同じ毎日でも 同じ自分ではないから

あたらしい自分をよろこんで

今のじぶんを受け入れること。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いいわけ

忙しいから。

そう、それはいいわけで どんなに忙しくても

寝る時間がなくたってできるときはできる。

そんなに忙しいのかって そんなでもないし。

どんどんぐるぐる

どきどきわくわく

そうなってしまうのが

ゆるゆるふんわりにいきたい自分とはなれてしまうようで

忙しいわたしになりたくなくて

ただ後回しにしてしまうだけ。

ふう ひとつ片付いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

可愛いやつ

つくるひとに憧れて つくるひとになりたいとおもう。

自分でつくったものはたしかにいとおしいけれど

なんともお粗末な気がしてしまい込みたくなる。

だから

木のもの金属のもの布のものかたちあるもの

時間の重なりがあるものが好きなくせに

好きだから

残るものをつくることはいつもためらわれる。

なんて

今日ひさびさに作ったバックが不恰好だったから。

でもなんだろう。

なんだこいつ、と思いながら壁にかけてみれば

まあ可愛いやつかもしれない。

まるで小学生の宿題ってかんじだけど。

とつぜん天から降りてきて

なんてことはないんだから

こうやって

今の私の可愛いやつが増えていけばいい。

ゆっくりでいいや。

ということにしておこう。

お仕事てきにはミシンのわざはあったほうがいいのですがね。

まだまだお役に立てそうもありません。とほほです。

やっぱり「おててでちくちく」がいいみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

器とかたち

すごいなあと思う人に出会うと 

そのひとの大きさに心を動かされると同時に

自分の小ささを感じないではいられない。

何を比べようとしているのかわからないけれど

いつのまにか 自分がどれだけ劣っているかばかり。

そう 「引き算」。

器の大きいひとになりたい。とか

器の小さいヤツ。とか

大きいものが優れていて 小さいものは劣るのか?

器にもいろんなかたちがあっていいのではないの?

大きく広いもの浅いもの、 

ちいさいもの狭いもの でも深いもの。

大きく深くなみなみとたっぷり満たして

なんでも受け入れられそうで

でもどんな色を加えても変わらない。動かない。

小さくてすぐあふれそうで不安で

でもそれはとても身軽で 

いつも新しさにあふれていることかもしれない。

それぞれの良さもあり欠点もあり。

いろんなかたちがあるような気がする。

器が大きいから上に立つとか。

器が小さいから下だとか。そんなことはないよね。

広く見渡すのが上手なひともいるし

こつこつと一歩一歩進むひともいる。

それぞれちゃんと「役割」があるということ。

ただ本当にじぶんが心地よくできる場所やひとと

出会うことはなかなか難しいのかもしれないのだけどね。

自分なりのやり方で

心地よさを探してみてもいいのではないの。

自分にしてほしいことをまず相手にしてあげる。

それが「足し算」への最初の一歩のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧