« 2009年4月 | トップページ

すごい雨だ…

カッパ探さねば。

“河童”でなくて“合羽”ね。

そろそろ出勤だし。

きのうは新月でした。

はじめる日です。

あっつい一日。

一気に200冊くらいいったか?数えてないけど。

いっぺんに 頭の中が 

“天然生活”から“ロード オブ ザリング”な感じ。

甲冑ガチャガチャ 妖精が飛んでるよ。

あちこちに 帆船とクラシックカーも飛び交って

でも ガンダムも嫌いで なくってよ。

ミリタリー系は管轄外だけど。(苦笑)

なんだかタイムマシーンみたいだよ。

火星にいったし恐竜もいたし。

はい、がちゃっと 入りました。

::

| | コメント (74) | トラックバック (0)

雨でしたね。

水族館の中の水槽で 金魚鉢に入って

プカプカ タダヨッテイル

そんな気分でした。

大海原ではなくてね。

なんだか 

すご~く知ってるんだけど

なんだか ブラウン管のむこうのような

声をかければ きっと笑いかけてくれるのだろうけど

そのまま すれ違っても きっと気づかれないような

水族館のなかまになりたいの?

なんだか きらきらしてる気がしてね。

でも みんなに ちゃんと 名前がついててね。

きっと ほんとの海にいったら

名まえのついてないようなやつも

それなりに ちゃんと居場所があってね。

それなりに 楽しいと思ったりして

だって きっと ひろ~い海だもの

一生会わないかもしれないし

その前に 会いに行くこともないかなあ。

きっと 目の前のことに がんばんないとだしね。

金魚鉢なきもち だったのです。

(ってゆうか ぽにょ かよ。 いや にんげんになる 根性もないけど。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

森の中

のようなかんじ。

越してきたときにすでにあった桃の木。

通りの垣根を少し越えたくらいだったのが

すっかり大きくなって 向かいの大家さんの

屋根をとうに越えてしまった。

窓から見える月も空半分のところですがたを隠し

今夜 なんだかのぞくものがあるなあと思えば

すっかり葉の茂った向こう側に 二階の灯りが

木漏れ日のように それとも星の集まりなのか

きらきらとちらちらとのぞいている。

ゆさゆさと ゆれながら 森の中のようにね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

好きなものは 好きだから

好きでいてもいいのだとわかった。

好きなものを好きなことを

“評価されること”にすることは

戦わなければならなかったり

あきらめなければならなかったり

がまんしなければならなかったり

するかもしれないけれど

好きだと思っていることは好きでいいことで

だから

同じ“好き”をもっているひとに出会えることは

うれしいし

でも

“好き”が同じでないとしても

そのひとがもってる “好き”に出会えたとしたら

それは また うれしいこと。

好きでいなければならないことは

ときに 苦しいことかもしれないけれど

好きでいることがかわらないことは

進まないことではないんだと

最近 思うのだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

競争。

忙しいのである。

毎日 2冊。

届くのである。

わが息子殿 誰に似たのか (似てくれたのか)

ヒマさえあれば いや暇がなくとも

いやどんなに忙しくても どんなに急いても

読み出したらきりがない。

こんなの本屋に連れて行ったら大変なことになってしまうので(?)

「図書館」には大変お世話になっている 大の常連さんなのである。

しか~し

市の図書館は8冊ずつ。そんなものが毎日山積みにされては

これまた大変なので 

もっぱら 小学校の図書館の本。

とりあえず 1回2冊。

一日2冊。であるかは別である。

1週間借りれるのだけれど 休み時間に読み終わったら?

いったいどれだけ?

といっても かなりくだらな系もありなのですがね。

図鑑系にはまっているかとおもえば

なぞなぞだわ 工作だわ 伝記モノとか

でも一番は コナン君でもありませんが ホームズに明智探偵 二十面相。

推理モノにミステリー。

さらに魔法とかドラゴンなんてものが加われば

ああ忙しい。

10巻まとめて借りてきた~い!

を日々こらえてこらえて。

そんなところ さすがに図鑑は担当外ですが(そんなこともないか?)

ミステリー、魔法?とくれば 私も逃せないほうなので

はい。

いそがしい、いそがしい。

読んでしまわないと返されちゃいますからね。

では 忙しいので このへんで。

 100の扉  1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「美しいこと」

美しいこと

本屋さんでみつけてしまった。

いいなあと思うものが しっかりあって

本自体もとても「美しいもの」でした。

雑誌「住む。」の連載からのものなので

すでに読んでいるものなのですが

あらためて ものをつくるということは

美しいこと。 

日々しゃんとせねばと思わせてくれる本なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さがしもの

「ねえ、ちょっとさがしてほしいんだけど」

そんなに私 なんでも知ってると思っているのかしら

君たち。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しょぼん…

「大股で5歩普通に5歩を3回。」

はい、やってみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いろいろ。

考えてはみましたが

なんだか

けっきょく

変わらないんだなあ 

変わってないんだなあ ということに

気づいて

でも

どこかで

ほっとしていたりもする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ