« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

降るか?

ひさしぶりに家にいます。

大洗濯大会していましたら

ゴロゴロゴロっと怪しい黒雲が…。

洗濯物を取り込んで

今か今かと

待っていましたが

セミの声?

なかなか ざざっときませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年齢相応に

なんとなく“ここではない”かんじ。

なんていうと“ここ”楽しくないのかよ!と失礼なはなし。

楽しくないのではなくてね。

背伸びするわけでもない。未だ大人の自覚が無いし。

でも若くもない。

何もこわくない、不死身な無限な時間の中にはいない。

いや そんなもの感じたことはないかな。

こどものころからいつも“終わり”ばかり想像してたし。

お酒はおいしい。はなしも楽しい。

でも 話そう話そうとしてる自分は

やっぱり違うのかもしれないのかな。

ものごとは長さじゃないよ。濃さだよっていうけど

やっぱり「時間の重なり」だと思う。

どんなにいそいでごしごし磨き上げようと思ったって

10年20年気づいたときそっとなでただけだって

そのなかにはそれだけの時間に包まれている。

たぶんみんなはその時間の中にいて

ごしごしやってる自分がいる。

でも無心にもなれなくて 早く早くそればかり。

誰かと比べてごしごし磨いたってそれはそれだけものも

でもいつもまにか何年もいっしょに過ごしたものがある。

ある。

いろんな人に会う。みんなすごいなあ。

その人の年齢に自分ってなにしてたんだろう。

ああ、もう子育てしてたわ。

子どもがいなければ 結婚しなければ

そんなことはないよね。できるひとはできる、なにがあっても。

しなければ、なんてことはない。

今は 今までの自分がいたからここにいる。

どんどん新しいことおもしろいことに出会う毎日ではないかも

でも毎日おんなじではいてくれない人といっしょにいる。

「来年になったらね」

なんて 

来年になったらまたひとまわり大きくなったからだと

一年分いろんなこと抱えたこころで

全然違うものが見えるんだろう。

畑の帰り、すこし寄り道をして海へいったよ。

来年、再来年 もう私を追い越してしまうだろう。

4人で海なんてあと何回あるんだろう。

酔っ払ったフリをして大騒ぎの真似しても

ちゃんと子どもの寝床の確保したりお風呂の支度して

二日酔いなんてなんだろうって

ザゴ寝の祭りのあとも ふだんとかわらず

起きてくる“おかあさん”な人たち。

年齢相応に分相応に 

今したいことと 今できること

背伸びしないで

でも時にジャンプして

なにができるだろう。

夏休み。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

探検隊。

なんとか再生できた。これで寝床確保。

いまでこそ世の中「古い一軒家でかわいく」

なんて雑誌で特集ができたりするくらいだけど

十数年前 都内で古い平屋、さらにわたしたちの予算内

不動産やにも怪訝な顔されるのがあたりまえだった。

それでも古ビル事務所に畳な部屋とか四谷三畳一間窓外お墓

とかいろいろ見つけてくる相方といればなんとかなるもので

ちっちゃい古家も二件目。

でも前のときはいろいろ凝ってみたりもしたけど

今のはランドセルに教科書にどんどん増えるモノに

「おとなの都合」とかはさておいてになっていく。

あ、分度器発見。探してたヤツ。片付け下手は親似だよね。

我が家は襖が無い。

引っ越して最初にやったのが襖を押入れにしまうこと。

押入れの上、半分は襖がつまっている。

あとはその手前にテレビも本棚も全部押入れ収納。

素人大工さんにお願いしたのでサイズきっちり注文通りだけど

ひさびさに配線いじろうと出してみるかと思ったが

「よくいれたねえ。」な感じ。(笑)

まあなんとかなりましたが。

出してみれば 真新しい襖 

出していればとっくにやんちゃ盛りな人たちにボロボロにされてた

まあ、それはそれで“勲章”だったりもするんだろうけどね。

へ~とか眺めつつ こんなんだったんだ~(知らなかったのか?)

引っ越してきたときは

おとな二人でああでもないこうでもないとやっていたこと

いまは私が腕組みしていてもどんどん運ばれていって

そんなのとこも届くんだ~。なんて。

どおりで家がせまくなるはずだよね。

このあいだまで手の中におさまってたと思ったのに。(それは前過ぎか)

前の住人の置き土産、生け垣と変わらなかった

桃の木も大きくなって大家さんちの屋根に届きそうだ。

なんにもかわらないようでかわってるようで

でもあいかわらず 片付けは下手で

お父さんに怒られて

でも「ま、いっか」とご飯食べに行って

仲直りしたけど

ああ、もう一人前なんだよね。

と空いたお皿をながめて苦笑いする。

仲間のようで友達のようで貫禄もないけど

大きくなっていく子を見ると、やっぱ親なのかなあと思う。

なんて ひたってる場合でなくて

ご機嫌ついでにひさびさにDVDなんて借りたけど

配線しないと見れないよ。

というはなし。

お母さんはできませんのでどうぞよろしく。

パソコンは復旧させましたのでお仕事完了。

そんな感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どんより。

【どんより】
1.空が曇って薄暗いことを表わす。
2.目つき・色合いが濁っていて、生気がうかがわれないことを表わす。

のだそうです。

どんよりです。

ただこの時期の梅雨の空は私の中のどんよりではない感じ。

同じ薄雲のようで でもいつ雨粒が落ちてきてもおかしくないような

蒸し暑い湿った空気 ふっと風のなかに雨のにおいが交じる

つねになにかが変わっていて 

さっと気まぐれに吹いた風 雲間からのぞいた太陽めざして

洗濯物を出してみたけど それはほんとにきまぐれで

こまかいシャワーのように 庭の緑が揺れはじめ

洗濯物しまわなくちゃ。

故郷の空は どんよりで 冬は鉛色。

それが空の色。

うごかない変わらない。

うごかない空に 白い点が 現れて ひとつふたつみっつ

ふえて ふえて ふえて

どんどんどんどん空の色は薄まって 

でもやっぱり白ではなくて 薄まった鉛色。

湖の向こうの山も見えなくなって 

砂浜から海のむこうがひとつづきになって

なにもなくなって なくなって

でも すっと消えてなくなるように

足もとがすこし濡れてて しゃりしゃりするけど

また 変わらず ずっとそうだったような どんより鉛色。

どんより。

元来 私は「どんより」の人

それはそれでよかったはずなのに

いつのころからか 

親になってからなのか

どんよりの「反対側」にいこうとしてた。

雲ひとつ無い青空の中。

いつも晴れ晴れとした 元気いっぱい

いろんな色 色 色 いろにあふれる世界。

どんより。

それなら それでもいい気もするんです。

なにも変わっていないから。

濁った色は 時間を重ねた 錆色のようなので

たぶん 今も変わらず 鉛色のどんよりした空が

いいのです。

  

| | コメント (1)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »