« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

茶棉さん

先月、お店で苗売りした日本棉の弓ヶ浜。
白と茶と出しましたが最後のこが茶棉さんだったというわけ。
初めて出会った和棉がふるさとの近くの良く知っている名前というのも何かのご縁。
庭に植えてみましたが、時期をはずしてしまったか 
お庭だけに周りのパワーに負けてしまったのか、
それとも“育ての親”に似てしまったのか伸び悩んでおります。
いかがなものでしょうね。

大豆にお米に棉に大事なものまだまだ出会いがありそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタルの光

おいしい夕食の後のもうひとつのお楽しみは“蛍ツアー”。

転勤族だったので自然な暮らしとはいえませんが 基本田舎モノの私。

蛍=懐かしい~だったのですが全然別物。

田からあぜから山から細い小さい光が集まってきて 子ども達はまるで星くずの中を歩いているようでした。(きれいすぎ?)

いつも見慣れたゲンジボタルは大きさも大きく光も強いので力強くほんとに虫が光っている、っていうかんじ。

でもヘイケボタルは小さくてよーく見ないとほんとうに光のつぶにしかみえません。

そしてゲンジがきれいな水の流れ、清流を好むのに対してヘイケは田んぼや小川、人里に近いとどまった水を好むのだそうです。

ゲンジがカワニナなど限られた貝をえさにするので難しいといわれますが、ゲンジに比べ雑食でありながら田んぼの生き物たちをえさにしているヘイケは「生きている」田んぼや小川でなくては生きられないのだそうです。

だからきれいな川になりました。増えました。というようにはならず、人の暮らしにとても近く 田畑や里が荒れていくのとともに減っているのだそうです。

そして汚れてしまった土がなかなかもとにもどらないように 蛍たちの住む場所を作るのがとても難しいのだそうです。

その蛍がここでは増えているのだそうです。

ゆっくりゆっくり帰ってきているのだそうです。

細く小さな大事な光のつぶ、みんなで見ることができました。

]

]

日ごろ暗くならない夜のなかで暮らしています。

満月に近い月明かりだけの夜の散歩、すてきでした。

…一人では歩けそうにはありませんが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

間引き、素麺、蛍狩り


6月にまいた大豆が大きくなってきたので 
間引きと草取りと摘心(先をつまんでしまうことで背が高くならないよう実がたくさんつくようにする)をしました。

うわさ通りではありましたが 迷う~!
しっかり育てるためとはいえ 
がんばって大きくなった大豆たちをばっさばっさと抜いていかなければなりません。
最初はごめんね~という感じではありますが 広い畑。
どんどんいかなくては 裸足の気持ちよさとポトポト落ちる汗に後はひたすら無心になります。
草取りとはいえきれいにしていただいているのでたくさんはなく 子ども達はカエルにバッタに大忙しでした。

戻ってのお楽しみは流しそうめん、おいしい天ぷらやごちそうもついて ビールにワインに おいしい~
流し素麺ってなんでおいしいんでしょう♪
と思ったら子ども達は「流す係」がお楽しみ。
なかなか技がいるらしく楽しみすぎて みんな席についたころ  食べ損ねて自分で流して自分ですくうツワモノもいましたね。

子どもがたくさんいたので 水遊びは始まり、ボールであそび つかれたら縁側でごろごろ。まるで里帰り。
スペシャルな人形劇まで見せていただいて  まだ始まったところだというのに最高の夏休みになってしまいました。
           つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

草刈を

しなければなりません。

雨にまかせてほっておいたらあっという間に
「草取り」ではなく「草刈り」が必要です。

前の住人が植えた桃の木も
今年はずいぶん葉を広げて大きくなった気もするし
見知らぬ木のようなものたちも。
このまま森になってしまうのか?

小人さんたちも大きく育って
どんどん庭が縮んでいるようです。
前は運動会ができたのに~(ウソ~)

朝にしようかな、夕方にしようかな。
明日も暑いらしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

立ち会いました

蝉の羽化。
たぶん途中ちょっとというのは見たことあったのかもしれないけど 蛹の背が割れて蝉になるまでは初めてかも。

夏休みとはいえ夜9時もまわってから我が家の庭先に大集合。
子ども達は何かの実験のようにきらきらの目で瞬きもせず…
とはいかず2時間以上のことなのでうずうずむずむず大騒ぎの近所迷惑の大興奮!落ち着け~!

一方母達のほうは蛹が割れ始めたときから両手をあわせ
「がんばれ~」
まるで立会い出産。みんな半泣き。
なんといっていいかわからないけど“命”なんだ。

若いっていいよな~なんて思うときもあるけど
子どものときとも違う 一人のときとも違う
たぶん今じゃなきゃないよなあ、この感じ。

そして夏休みの夜。
半泣きで蝉の応援ができる人たちといっしょにいられることはすごく幸せ。
…そういうことです。




でも明日も、きっと子ども達は無邪気に虫取り網をもって駆け回るんだな~

_mg_5809_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

安否確認

無事です。(笑)

最近家の電話が調子が悪い。

コピーとかいろいろ入ってるのなので

なんとなくつつきにくくて保留中。

でも基本ほとんど家の電話はならないので

(電話機が)無事なのかもよくわからない。

携帯持つまであれだけ抵抗したのにね。

どういうことだろう。

自然な暮らし、田舎暮らし。

大丈夫だよ。メールできればなんでもできるって。

って?

ごはんだっておふろだって

電気なくてもガスがなくても暮らせるよねって。

仙人みたいな自給自足な生活だけど

PCで世界中とつながってるって。

それってすでにどうなの?

ここにいるからつながってる。

全部なかったらどうなるんだろう。

この手はなにか違うことのために動かすものではないの。

ということ。

考え中。

ちくちくちく…考え中。

「家にかけたけど出ないからこっちにかけたよ~」

そうそうどこに隠れもいたしません。

無事にしております。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ごぶさた

パソコンには向かっている。

連絡ごと学校もその他もメールが増えてきて

チェックしないとまずいかなあとも思うので。

考えていることはいろいろあり 

動き出そうとしていることもいろいろあり

ありすぎるから書けないのかどうなのか。

言葉にすることが言霊となっていくので

怖れずに前を向いていこうと思うのだけれど

有言実行?不言実行?

こころは決まったとすれば

ことばにはしなくてよいものか。

わからないのでここまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

777

母からメールが来た。

「○○ちゃん昨日入籍したから」

…   ?

「…! おめでとう!!」見たいな感じ。

妹が入籍した。

去年の今頃 我が家はいろいろなことがあった。

もうずっとこのままなんじゃないか。

先の見えない日が続いていた。

その少し前 妹は 長い春に決着をつけるように

婚約のお披露目をした。

べつに派手なことをするわけではなく

周囲の「そろそろいい話ないの~?」に

いっとくか みたいな感じだったのかな。

いい人でした。義姉弟になるっていうのはピンと

こなかったけと べつに。

しばらくこちらも連絡する感じでもなく

そんなころ 婚約解消を聞いた。

本人のダメージ というよりは また“周囲”への説明。

お疲れ様。

でも私は “結婚”というかたちにしようと思ったときに

彼女もなにか 見えたのかもしれないかなと思った。

そして一年経った。

なにがどうとはいえないけど

いま私たちは気づいてしまったし 動かなくてはいけない

どきどきするけど わくわくもする。楽しい。

ふかふかの土に種をまいて

ここちよい音楽に ただよっていたとき

メールがとどいた。

happyは呼応する。

じぶんが一歩踏みだしたときから はじまっている。

彼女は大丈夫。

そんな確信が感じられた。

ところで 帰ってからラジオの話でやっと気づいた。

    2007.7.7

“777”の日だったのね。

役所は大行列だったとか?(笑)

だんな様ずいぶん前からの顔なじみだったんだとか

お幸せに♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

種まき

:

種をまいている。

土に 自分に 種をまかなければ。

いつか どこかで なんて

そんなことを 考えていたこともあったけど

“ここ”に 種をまかなければ

ひとつぶ ひとつぶ 

そして いつか 緑でいっぱいになりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »