« しあわせなひとたち | トップページ | 感触 »

花の大地

基本的に予約のできないひとなのである。

美容院の歯医者も

テント持参のたびもワイルドとは遠く

宿の予約が苦手なだけかもしれない。

そのときまでの「わくわく」より「どきどき」が大きくなる性質。

だからキャンプもインアウトフリー予約なし専門。(苦笑)

そうではなくて「花市」のワークショップの話。

HPで見つけた平澤まりこさんのイラストワークショップに一応「予約」して出かけた。

いつものお散歩コースなのでいけるかなとは思っていたのだけれど

家族全員お約束できない人たちだったのでちょっと不安…

でもぜんぜんOKだった。というより気抜きすぎ?

いつものお寺がお店になってどきどきしたけれど

ようするにお外でお絵かきじゃん♪な子ども達。

リキテックス使い放題にどきどきするのは母くらいのものか。(苦笑)

ちょっとみなさんより大きめの紙を持っていったのもご愛嬌。

満喫したかな~と思いきや どうも隣のハンモックにも惹かれていたみたいね。

子ども達&昔子どもだった人たちが終わったらこんどは

全部つなげて平澤さんが大きな絵にするという企画。

自分の絵に色を重ねられて!!な息子。

企画を理解してなかったのね…

ひとが“つくっている時間”というのは

見ていても気持ちいい空気に包まれる。

そうなんだな。

私はつくることはできないけど つくるひとが好きなんだ。

なんて 子ども達は飛んでいっちゃったけど

ひとり浸ってた。

そして大きな絵が出来上がりステージへ ならぬ

鐘撞堂へ すてきな舞台ができあがった。

自分ではなんにもできないけれど でも

少し近づいてみる 触れてみる 

そうしたら そこに自分の居場所ができる。

少しだけ“つくるひと”の仲間入りしたみたいで

うれしかったです。ありがとうございました。

_mg_5048

_mg_5125

平澤さんの後ろ姿

|

« しあわせなひとたち | トップページ | 感触 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花の大地:

« しあわせなひとたち | トップページ | 感触 »