« 置いてきぼり | トップページ | achordion »

OFFになる。

CDはあまり買わない。

ふた昔前くらいならジャケ買いなんていうのもあったかな。

今はなんていうの?いっぱいあってわからない。

今はなんだか ものだけじゃなくて音も溢れてて

次から次へと新しいモノ

なんでも手に入るようで なにがほしいのかもわからなくて。

なんだかいろいろあるらしいけどアナログなもので

ほとんど“音”はラジオまかせ。

いつでもどこでも好きなのもが聞けるよって

ヘッドフォンして歩いて楽しい?

風の音も 木々の音も聞こえなくて

電車のごとごとする音も 

街のざわざわした感じ 楽しくないときもあるけれど

それもひとがいる音だって気がする。

そこにある音ぜんぶが入ってくるから

気持ちよくなったり 苦しくなったり 心が動くのではないかななんて。

誰のなんの曲が好きとかない人。

ちょこっと楽器はやっていたので 聞きなれたのとか

安心できたりするけど

そのとき心地よい感じが好き。

ほんと曲名も人も知らなくて申し訳ない。

子どものころ 車では父がJAZZを流してて

私は レコードに針を落とす瞬間が好きだった。

私にとって 音はフツウに流れているもので 

探すものではなかったもので。

おとなになったらライブなんかいって なんて思ってたけど

お出かけするだけでどきどきしてしまう。

そんなままおおきな大人になってしまったね。

会えないと思うときには何も会えない。

でも会いたいと思うときは出会ってしまうものなのかもしれない。

「花市」にいった。

桜の花びらの舞う中で 見つけた。

「OFFになれるって分かったよ」彼の言葉。

何年もONのままだった。

それでも走れていたときはそれでよかった。

でもいつのまにかふかしてもふかしても前に進めなくなって

立ち止まることも休むこともできなくて

眠るときでさえ 眠らなくてはいけなかった。

achordionのライブを聴いて。

桜の舞う風の音を聴いて 

まっすぐに集まる暖かいひとたちのこころを感じて

心地よいという言葉ではたりない…

ただ力を抜いて 音の中に身をゆだねる。

そこにいるだけでいい。

「OFFになれる」

ONの自分 OFFの自分

自由自在にはまだまだいかないけれど

ゆっくりゆっくり歩くように。

OFFになれる自分を見つけられたんだから

一歩一歩進んでいける。

会いたいと思えば 出会える きっと。

_mg_5180_2 

なのでひさしぶりに家でCDをかけています。

“宝物”見つけたので。

achordionさんからお写真okいただきましたので少しだけご紹介します。

 

|

« 置いてきぼり | トップページ | achordion »

コメント

自分も、今の職場に勤め始めてから、ラッシュの電車の中でせめて周囲との”壁”を作るためにiPodを買いました。今では時折、街を歩きながらも聴いちゃってるけど。

でも、相反するようだけど、自分が嫌いなもの。
ヘッドフォンをつけて歩くひと。
携帯を眺めながら歩くひと。

要は、意識が分散しているので、”空気を読めてない”。
ひとをそっと避ける配慮とか、歩くペースとか、そういうちょっとした判断に必要な意識が、吸い取られてしまっている。だから、そこに居るのは”ひと”なのに、”物”でしかない。

あれはよくない。
それとも、そんなことを思うのは自分だけ?

投稿: 河童 | 2007/04/22 08:47

このことは それだけで記事が書けてしまいますね。(苦笑)

気配の感じられないのは 不安ではないのでしょうか?
うちにiPodがないのもそんなわけ。

“ひと”は疲れもさせるけど 優しさもくれるから やっぱりつながっていたいよね。

投稿: kicco | 2007/04/22 20:49

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: OFFになる。:

« 置いてきぼり | トップページ | achordion »