« 手紙の木 | トップページ | いつか »

異邦人たちのパリ 1900-2005

なぜか今頃になると 青山霊園のあたりに行ってしまう。

そして行ってから桜の季節だったことに気づく。

カメラもお弁当も持たず ただ桜の中を歩く。

これが東京の春なのだろうか。

ところで行ったのは1月に出来た国立新美術館

異邦人たちのパリ 1900-2005 を見るため。

東京ミッドタウンが出来たところなので

六本木周辺の混みようは心配だったのですが 

逆にそちらへ流れていったのか思ったほどの混雑はなく

吹き抜けも気持ちよかった。

私は長い時間 ジャコメッティのブロンズの前。

なんだろう。ディエゴの像の前にいると

うれしいでも悲しいでも どきどきでもなくて

ただこころが静かになっていく。

周りの音がなにもなくなる。

時間を忘れられる。

 

見に来たのは モディリアーニなんだけれど。

彼の長くはない生涯に憧れていたりもした私達だったのに

子どもが生まれ ふつうの暮らしをし

いつのまにかもっと先だと思っていた

彼の年を追い越していた。

今の私達に彼を追いかけるような 熱い思いは残っているだろうか。

それとも今の私にはそんなものは必要ないのだろうか。

なんて 自分の世界に入るのも久しぶりか。

ポリアコフとか、写真はストランドとか いろいろ

なにしろ点数はすごいので好きなのもたくさんはあるけれど

常設ではない利点でもあり欠点でもあるのか

イベント会場的 空気につかれてしまった。

きっと作品の力より 人の欲にあてられてしまった。

自分がなんに疲れるのか 分かった気がした。

とはいえ すばらしい作品ばかりですので

お近くの方はぜひご覧ください。

と無理無理でしたね…(苦笑)

でも やっぱり 本物だよね。

行ってよかった。

たまには外に出ようと思いました。

|

« 手紙の木 | トップページ | いつか »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 異邦人たちのパリ 1900-2005:

« 手紙の木 | トップページ | いつか »