« きまぐれ | トップページ | ちょうどよくなる。 »

二度の失敗

また一年が終わる。

4月になれば新しいクラス、新しい先生。

子どもたちにはどんな出会いが待っているだろう。

残念ながら私は「この先生に」という先生には

出会わずに来てしまった気がする。

中学校の部活の先生には3年間お世話になったので

私にとっての先生といえばその方かもしれないが…。

小さい頃からどうも私は“ふつう”ではなかったようである。

別に周りを巻き込んでなにかするとかではなくて、

空想好きとも少し違う どうも考えすぎてしまう性だったようで

それでも 自分でそれを“自覚”したいたから

自分の世界に入っていればよかった。

特別出来る子でもないし 出来ない子ででもない感じ。

見た目はいてもいなくても分からない「ふつうの子」だったから。

小学校5,6年の担任はとても熱心な男の先生だった。

初めての男の先生に戸惑いながらも 一生懸命さが伝わってきていた。

学校全体の取り組みで交換ノートのように日記を書いては

先生が一言書くそんなものがあった。

ただ毎日の様子を“ふつう”に書けばよかった。

書くことは嫌いではなかったし 

忘れるというのも気分が悪いのでなにかしら書いていた。

先生の返事を読みながら 

先生という職業もいいのかもしれないなんて思い始めてもいた。

そんなとき つい“自分のまま”書いてしまった。

この人なら大丈夫かなと思っていたのかもしれない。

結果 “失敗”した。

とても熱心な方だった、でも彼が求めていたのは

「ふつう」の子どもの声だった。

彼はやっぱり“感じない”人だった。

話してはいけない人だった。

私が思ったことは 「やっぱりしまっておこう」ということ。

そしてこんな私は教師という職業には

なってはいけないということ。

中学校3年間“ふつう”に過ごした。

私の中でいろいろあったけど、ふつう。

卒業式の後 春休みに訪れた学校で

体育専科の先生が私のことを

覚えていなかったくらい“ふつう”

高校に入ってすぐ ストレスなのかなんなのか

帯状疱疹でしばらく休むことになってしまう。

免疫力が落ちていたんだろうな。

精神的にも不安定な時期だし。

そんなとき やってしまった…どうかしていた

感想文を書く課題に

「親の死を前にして自分は涙を流せるか」と

とうとうと書いてしまった。

(その内容はまたにして…)

自分の病気(なにしろ化け物のような姿であったし)に

叔父の死が重なりいろいろ考えるところがあったのだけれど、

“ふつう”の私の書いたこととしては異質だったのかもしれない。

そして担任の評価は

「自分が繊細だとでも思っているのか 勘違いするな。

おまえはたいした人間でもないんだ。思い上がるな。」

これが二度目の失敗。

もともと口の悪い担任だった。

たいした文でもなかったが なるほど

教師というものに まともに向かってはいけなかったんだ。

あとの時間はとにかく“ふつう”に 

とくに出来るほうでもない私は

それが一番問題ないことだったから。

今 年を重ね 親になり また違う立場になった。 

姉弟げんかの最中 娘がこんなことを口走った。

「先生に言ったってなにもしてくれないし」

とても熱心ないい先生だ。

楽しい授業、親にもいろいろ伝えようとしてくださる。

過労で入院もされた。

同世代として違う意味で心配してしまう。

先生というのは大変な仕事なんだ。

毎日 たくさんの人にさらされている。

こころを休める暇もないだろう。

だから 見失うのかもしれない。 

分からないひとには なんでと思うことに迷っている、

そんな子どもがいることを。

これからのこの子達にいい出会いがありますように。

母としてはそう願うのみである。

今日はちょっと後ろ向き?

でもそんな記憶をたどっていくうちに 

そのうしろに隠れたできごとを思い出してもいる。

そうそれなりにいろんなことがあったんだ。

楽しいこともあったんだ。

ところでこの場所は私の“三度目の失敗”だろうか。

それとも成功なんだろうか。

 

|

« きまぐれ | トップページ | ちょうどよくなる。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二度の失敗:

« きまぐれ | トップページ | ちょうどよくなる。 »