« 小さなパン屋さんのつくり方 | トップページ | きまぐれ »

田舎に暮らす

:

考えすぎかもしれないですよね。

自然の中に住んでいる人からすると 

こんな狭いところに寄せ集まって

なにいってるのって感じでしょうか。

飛び込んでしまえばなんとかなるよ。

そう思えばいいのでしょうけどね。

田舎ってなんでしょうね。

畑があって 人のつながりがあって…

…あるんですよねえ。ここにも。

移住の準備をしだした時 いろいろなことを教えていただきました。

お勤めのようす、買い物のようす、

子どもたち、いろいろ。

「子どもふたりなら やっぱり二馬力(共働き)よね。」

「勤めは町まで出るんだし、車はひとり一台」

「週末に大型スーパーで買い込むとストレス解消なの。」

「高校は下宿?まあ勤めも町に出るんだし 

いっしょに町に出ちゃうとか?」

雑誌に出ているような暮らしを みんながしているわけではないのだけれど

ちゃんと考えなきゃって思ったんです。

自然の中には暮らしたい。

でも田舎ってなに?

子どもといっしょにいられなくて 私たちが疲れてしまって

出来合いのものがならんでいる生活。

そんな自分にならないように ちゃんと心の準備をして

ちゃんと出会いを待とう。

東京なのに 畑にかこまれています。

お天気の日は 無人の100円野菜を見てまわります。

無農薬なんて書いてはないけれど 

ちゃんと作っている人の顔が見えます。

おばあちゃんが座っているところもあります。

お客さんがくるのが嬉しいんだって。

子どもたちの声がして大きな子が小さな子の面倒をみる

誰かがどっかのお母さんに怒られてて

(たいていうちの息子)

大家さんの畑で虫取りをする。

洗濯物が雨に降られてたら 誰か取り込んでくれてたり

来たばかりのときはなんだか面倒だなって思ったりもしたけど

次々に増えていく子どもたちに(なぜ?) 

首のすわらない赤ちゃんを抱いている私がいる。

お隣のお友達姉弟、パパママまで お熱でダウンです。

これから玄米のおかゆ届けに行くところ。

これって“田舎”なのかなあ。

自然の中に暮らすこと 包まれたい? 厳しくされたい?

現実逃避なの?

どんな風に 暮らしていきたいの?

なんて考えすぎちゃうからいけないんだと

のんびりいこうっと。

おまめでもことことしようかな。

:

田舎暮らしの本 2007年 04月号 [雑誌]

並んでいるとつい見てしまいます。

けっこう現実ですよね。

これは立ち読みなのですが…ごめんなさい。

|

« 小さなパン屋さんのつくり方 | トップページ | きまぐれ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 田舎に暮らす:

« 小さなパン屋さんのつくり方 | トップページ | きまぐれ »