« からだのちから 私のこと | トップページ | ちょっとおつかれ »

必然ということ

今 ここにあることは すべて”必然”である。

といっても なんかむずかしいことでなくて 今はそう思えるかなってこと。

彼と初めて会った時 私は”この人とは一生付き合っていくんだ。”という確信とも言える予感があった。

といっても”恋におちた”とか”この人ときっと結婚するんだわ”なんてどきどきした感覚ではなくて なんか ”気配”みたいなかんじ。

そのあと彼がどのように感じていたかはわからない 仕事場でもあるし 上下の差もあることだから ”立場”をわきまえた関係ではあったけれど お互い 認め合っていたし 尊敬できていたと思う。

同僚たちと女の子の話をしているのを聞けばやきもちを焼かないでもなかった 

でもそれはそれはそれ 少し離れて見ている感じがとても心地よかった。

彼が最初の”旅”に出ようとしたとき 二人の距離のバランスが崩れてしまった。

彼が必要としてくれていることはわかっていた。 

それは彼の飛び立つための力ではなく 彼の心を閉じ込めてしまったようだった。

”旅”から疲れ果てて帰った彼を私は 少し離れて見ていた。

なにも考えず抱きしめてあげたら どんなに楽だったろう。

なにもかも捨てても守ってあげることもできたもかもしれない。

でも私はそうはしなかった。このまま縋りあえば 心の病んだ男と尽くす女。それはきっと彼の心にずっと残ってしまうと思ったから。 

彼はふたたびたったひとりで”旅”出た。ぼろぼろのまま…。

帰ってきた彼はいろいろな人に出会って また歩きはじめた。

いくらかの時間をひとりですごし いくらかの寄り道をし そしてもう一度出会ったとき 

自然に”家族”になることを選んだ。

そしてもう一度 彼は”壊れる”ことになる。

でも今度は違うから、今度はだれはばかることなく 縋りあって 支えあって いっしょにいればいい。

私たちだから出来ることをしていけばいい。

今度はふたりで新しい”旅”に出ればいい。

今はまだその途中だから…。

そしていま ここに来てくれている方との出会いも”偶然”ではなく”必然”です。

そこにいてくれる それが私の力です。ありがとう。

 

|

« からだのちから 私のこと | トップページ | ちょっとおつかれ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 必然ということ:

« からだのちから 私のこと | トップページ | ちょっとおつかれ »