« カサブランカ | トップページ | 「鏡の中、神秘の国へ」 »

冷たい手

ここ数日 右手が冷たい。

わかっている。調子にのってこの数日長い間ここに向かっているからである。

今私たちがいちばん良くないのであろうと思ったこと  ”冷え”

いま 世の中には とても体を冷やすものに囲まれているのだそうだ。

その”冷え”が 体を崩し 心まで壊してしまうというのだ。

といっても私たちは医者でも学者でもないから 「こうすれば元気になります!」「必ず直ります!」なんてものはないので あまり「これは!」と思われても、という不安もある。

自分たちもあれこれ読んで「よし!」と思っていたことが 次の本ではまったく否定されていたり 良くも悪くも あまりに多すぎる情報に閉口してしまった。

(でもずっと”この世界”を避けていた私が 最初にしたことは”薬の検索”だった)

ただ、いま なんとなくではあるが 私たちなりの付き合い方ができるのではないかと思えるものもできてきた。

自分たちのことを伝えるのにそこに触れずに書くのもむずかしいので これからいろいろ出てくると思う。

もしかして読んでいてくださる方がいたら「そんなものもあるんだな」くらいに考えてくださるといいと思い ここに書いておくことにした。

実際 彼もなにげなく手に取った本の”毒”にあたることがしばしばあったので とりあえず”毒見”をしてから手渡した時期もあった。

いまは逆に 私とはぜんぜん違う視点から手にとってくれることが楽しみであったりもしている。

パソコンに向かうこと テレビさえも極力避けている私にとって ”冷え” を実感してしまう時間なのだけれど 

いまはもう少しだけ… と思ってしまう。 

|

« カサブランカ | トップページ | 「鏡の中、神秘の国へ」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冷たい手:

« カサブランカ | トップページ | 「鏡の中、神秘の国へ」 »