すごい雨だ…

カッパ探さねば。

“河童”でなくて“合羽”ね。

そろそろ出勤だし。

きのうは新月でした。

はじめる日です。

あっつい一日。

一気に200冊くらいいったか?数えてないけど。

いっぺんに 頭の中が 

“天然生活”から“ロード オブ ザリング”な感じ。

甲冑ガチャガチャ 妖精が飛んでるよ。

あちこちに 帆船とクラシックカーも飛び交って

でも ガンダムも嫌いで なくってよ。

ミリタリー系は管轄外だけど。(苦笑)

なんだかタイムマシーンみたいだよ。

火星にいったし恐竜もいたし。

はい、がちゃっと 入りました。

::

| | コメント (74) | トラックバック (0)

雨でしたね。

水族館の中の水槽で 金魚鉢に入って

プカプカ タダヨッテイル

そんな気分でした。

大海原ではなくてね。

なんだか 

すご~く知ってるんだけど

なんだか ブラウン管のむこうのような

声をかければ きっと笑いかけてくれるのだろうけど

そのまま すれ違っても きっと気づかれないような

水族館のなかまになりたいの?

なんだか きらきらしてる気がしてね。

でも みんなに ちゃんと 名前がついててね。

きっと ほんとの海にいったら

名まえのついてないようなやつも

それなりに ちゃんと居場所があってね。

それなりに 楽しいと思ったりして

だって きっと ひろ~い海だもの

一生会わないかもしれないし

その前に 会いに行くこともないかなあ。

きっと 目の前のことに がんばんないとだしね。

金魚鉢なきもち だったのです。

(ってゆうか ぽにょ かよ。 いや にんげんになる 根性もないけど。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

森の中

のようなかんじ。

越してきたときにすでにあった桃の木。

通りの垣根を少し越えたくらいだったのが

すっかり大きくなって 向かいの大家さんの

屋根をとうに越えてしまった。

窓から見える月も空半分のところですがたを隠し

今夜 なんだかのぞくものがあるなあと思えば

すっかり葉の茂った向こう側に 二階の灯りが

木漏れ日のように それとも星の集まりなのか

きらきらとちらちらとのぞいている。

ゆさゆさと ゆれながら 森の中のようにね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

好きなものは 好きだから

好きでいてもいいのだとわかった。

好きなものを好きなことを

“評価されること”にすることは

戦わなければならなかったり

あきらめなければならなかったり

がまんしなければならなかったり

するかもしれないけれど

好きだと思っていることは好きでいいことで

だから

同じ“好き”をもっているひとに出会えることは

うれしいし

でも

“好き”が同じでないとしても

そのひとがもってる “好き”に出会えたとしたら

それは また うれしいこと。

好きでいなければならないことは

ときに 苦しいことかもしれないけれど

好きでいることがかわらないことは

進まないことではないんだと

最近 思うのだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

競争。

忙しいのである。

毎日 2冊。

届くのである。

わが息子殿 誰に似たのか (似てくれたのか)

ヒマさえあれば いや暇がなくとも

いやどんなに忙しくても どんなに急いても

読み出したらきりがない。

こんなの本屋に連れて行ったら大変なことになってしまうので(?)

「図書館」には大変お世話になっている 大の常連さんなのである。

しか~し

市の図書館は8冊ずつ。そんなものが毎日山積みにされては

これまた大変なので 

もっぱら 小学校の図書館の本。

とりあえず 1回2冊。

一日2冊。であるかは別である。

1週間借りれるのだけれど 休み時間に読み終わったら?

いったいどれだけ?

といっても かなりくだらな系もありなのですがね。

図鑑系にはまっているかとおもえば

なぞなぞだわ 工作だわ 伝記モノとか

でも一番は コナン君でもありませんが ホームズに明智探偵 二十面相。

推理モノにミステリー。

さらに魔法とかドラゴンなんてものが加われば

ああ忙しい。

10巻まとめて借りてきた~い!

を日々こらえてこらえて。

そんなところ さすがに図鑑は担当外ですが(そんなこともないか?)

ミステリー、魔法?とくれば 私も逃せないほうなので

はい。

いそがしい、いそがしい。

読んでしまわないと返されちゃいますからね。

では 忙しいので このへんで。

 100の扉  1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「美しいこと」

美しいこと

本屋さんでみつけてしまった。

いいなあと思うものが しっかりあって

本自体もとても「美しいもの」でした。

雑誌「住む。」の連載からのものなので

すでに読んでいるものなのですが

あらためて ものをつくるということは

美しいこと。 

日々しゃんとせねばと思わせてくれる本なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さがしもの

「ねえ、ちょっとさがしてほしいんだけど」

そんなに私 なんでも知ってると思っているのかしら

君たち。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しょぼん…

「大股で5歩普通に5歩を3回。」

はい、やってみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いろいろ。

考えてはみましたが

なんだか

けっきょく

変わらないんだなあ 

変わってないんだなあ ということに

気づいて

でも

どこかで

ほっとしていたりもする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ありがとう

(ML送信分おぼえがき)
::
アースデイ東京2009おつかれ様でした。
設営には参加できませんでしたが 竹製ビニールハウスは圧巻でしたね。すばらしいです。
やはりものすごい人出だったようですが 竹テントブースはほっとさせてくれますね。
スタッフ、関係者のみなさまお疲れ様でした。
2年前webで見つけたトージバの大豆レボリューションをたよりに初めて来場したときは 
あまりのパワーに ただただ圧倒されるばかりでしたが
三回目の今年は会場のあちこちに見た顔、知った顔がたくさん増え楽しく過ごすことができました。ありがとうございます。
はじめ小学生だった上の子は中学生に 3年生だった息子も5年生。
この2年で10cmいえ15cmは大きくなったでしょうか。
ついに身長も追い越されてしまいました。(もともとすぐ追い越されそうな母ですけれど。)
「いらっしゃい、いらっしゃい」とお店屋さんごっこの延長のようだったマーケットのお手伝いも どんどんできることが増え 
おつりの計算もずいぶん早くなりましたね。(笑)
特にこの数ヶ月はなにか「見つけた」ようで 終わりの時間になると ベンチやテントの片付けに飛んでいってしまいます。
今回もみやもと山さんを送り出したと思ったら もうテーブルの片付けへ。
気づけばしっかりバンブーハウスの撤収に一人前に仲間入りしているではないですか。
あっちへこっちへ飛び回りすっかり暗くなって あとはスタッフの方におまかせして先に失礼しますと声をかけにいったところ 
Kさんが「おつかれさま!ありがとう!」と息子にも握手してくださいました。
トージバチームではすっかりあいさつのように「元気だった?」「お疲れさま!」と握手したり ときにはハグだったり でも
駅へ向かう帰り道、「Kさんに初めて握手してもらったよ。」と彼は一人前になったようでなんとも誇らしげでした。
(ついでにいつも帰りによるご飯やさん、いつも子どもには水、大人はお茶が出ていたのが
この日はお茶の湯飲みが二つ並びもこちらもずいぶんと得意げで 母はおかしかったのですけれど。笑)
「ひとつ、ふたつ、みっつ…やっつ、ここのつ、 この“つ”がついている年はまだまだこども、 
でも“つ”がとれる年 とう、10歳はからだもそして心もとても大きく変化するときなんですよ。」
といつか担任の先生が話してくださいました。それからかはわかりませんが…
二分の一成人式をご存知ですか?
小学校の総合学習の一環か「命の学習」に関連して
二十歳の半分つまり10歳の年に 生まれてきた奇跡に 育ててくれた両親に感謝し
また10年後の自分を想像したり目標を発表したりする「二分の一成人式」をする学校が増えているようです。
4年前お姉ちゃんのときは初めてだったので(わが子よりも?)普段無口な男の子がお母さんにあてた感謝の言葉にみんなでもらい泣きしたり 
ただそういう会があることが発見だったのですが
この三学期息子も「二分の一成人式」を迎えました。
残念ながら この数年でゆとり教育も見直されどんどんまたいそがしく詰め込みがはじまって 
ゆっくり式でもありませんでしたが それでもひとりひとり「おとなになったら」を発表しました。
男の子はやはりサッカー選手やメジャーリーガー女の子はパテシエ
(今はお菓子やさんやケーキ屋さんではないのですね)や堅実に「専門学校行って介護福祉士になります。」なんていうこもいたり
いまどきなのか「サラリーマンもリストラが心配なので適当に手に職がつければいいなあと思います」とか 
すなおに「まだ何も考えてません」もありました。
息子の番になりましたが「宇宙飛行士になりたいです。」という先生に見せる下書きを読んでいたので軽くかまえていたところ発表したのは
「僕はなんでも知っているおとなになりたいです。そのためにはたくさんの本を読んでたくさんのことをしたいです。」でした。
本好きの彼らしい答えかもしれませんが なんでも知ってるおとなってどんなおとななんでしょうね。
アースデイ1日目彼は尺八を作りました。もちろん母は作れませんし吹けません。
交流会でwさんに見てもらって「あと20回は削らないと」と教えていただいた分
朝一で見てもらおうと あーでもないこーでもないと夜中まで尺八をいじっていました。
5年生はバケツで稲を育てるそうです。
どんなブランドがあるかわかるように空いている米袋を持ってきなさいという宿題。
さっそく彼はフードハートパーティーでいただいた(当たった!)「亀の尾」をもっていきます。
たなごころさんから「コシヒカリのおじいさんなんだよ」と教えてもらって。
もちろん「コシヒカリ」も産地も農家さんもひとつでないことも知っています。
クラフトが大好き。フェアトレードはよくわからないけれど
ちゃんと顔の見える人のつくった木のスプーンが100円でないことは知っています。
もったいないのはなし、環境のはなし 今どきの小学生は考える事がいっぱいです。
ある議題ではクラスのなかで30対1で戦ったとか(じつは学校では熱弁するらしい。)
だって「めんどくさ~い」ではすまないことを知ったから。
少し前まで親戚や近所に何でも知ってるおじさんがいたり とってもおしゃれなおばさんがいたり
おとなは楽しそうに見えたはずなのに 
今は新聞もテレビも「おとなになっても…」と思わせるものばかりです。
でもお米のことは田んぼのお父さんに畑のことは畑のお兄さんに
竹のこと お酒のこと 音楽のこと 山のこと 海のこと 外国のはなしに 昔のはなし
親だけでは教えきれないこと 伝えきれないはなし
マーケットにも畑にも おもしろいことを楽しんでいるすてきなおとながいっぱいです。
こんななかで10歳をすごせた彼はきっととっても幸せモノです。
たくさんの人とであっていろんなことを教えてもらって また少しできることが増えていって
このアースデイは彼にとってのほんとうの「二分の一成人式」だったのかもしれないなあと思いました。
撤収のとき「アニキ!」と呼んで盛りたててくれたのはどなたでしょう?
とっても喜んでましたよ。この場を借りて トージバ仲間のみなさんに感謝です。
でもこれで最後ではありませんので。(笑)
来月20日はお誕生日。次のマーケットは11歳になって登場です。
これからもどうぞよろしくお願いします。
                 
 
               

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わお~ん

満月なので 吠えてみただけです。

さあ新学期。無事給食も始まりよかった。よかった。
身体測定も終了。
はい、ふたりそろって母越えしました。ぱちぱちぱち。
高いとこのものは皆さんにお願いしましょ♪
そのうちお古が回ってくるでしょう。
(靴はムリね。24も25.5大きすぎ。
 だってお母さんは22だものね。)

明日はだんなさん誕生日です。
えっと何歳なんだっけか。
子どもは待ち通しそうです。ケーキが。
いろいろありましたが
20日で1年半お世話になった今の会社を退社するそうです。
で予想通りなのか予定外なのか なんだかんだで
前の会社にもどるそうです。

(元の“仕事”はありかな。でしたが
結局もとの“職場”とはね、ははは)
ありか なしかは やってみないと気がすまない性質なんですね。
また次の“そんとき”がきたら まあ“そんときはそんとき”です。
「危ないことこそやってみろ。」
最近 岡本太郎にはまってます。(苦笑)

とりあえず転校も引越しもなさそうだ。
と思ってたら 弟家族が大阪から東京へ引っ越してくるそうな。
なんだか いそがしい新学期になりそうです。

最初のほうから読んでくださっている方に追記

まあ、そういうことになりました。

どうなるかはわかりません。

でも やってみないとわからないし

この3年間で得たものも無駄ではないと思うので

こうすることにしました。

そして これも一生とも思っていないのも事実です。

なんどでもやり直せるし 

それまでもゼロになってしまうのではなくて 

つながっているんだと 今は思えるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おうちの日

どうしても出かけたくてしかたない日がある。

あれもしたい これもせねばと思いながら

電車に乗って出かけてしまう日。

自転車に乗ってあてどもなく

ではなくて 

ゆられゆられて 

中刷りを読みながら 窓の外をながめながら

ドアの側で盛り上がっている学生の会話に

勝手につっこみながら(笑)

そんな日もある。

今日はおうちの日。

あれもこれも いろいろ気になるモノがやっているようだけど

行けばなにかがつながっていくかもしれないけれど

今日は

ま、いっかなあ というかんじ

そんな日は 

動かし動かし

はあ、ご飯どきまでに“再生”できるのかしら

開けては閉じて のせてはおろして

なぜ ゆっくり すごせないのかしら

と思いながら

読みそびれていた本を見つけたり

隠れていたお皿をひさしぶりに出してみたり。

“ゆっくり”は みんなが帰ってから

それでいいのかもしれないなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月も終わり

気が付けば また一ヶ月更新してないし。

それもまたいろいろやることがあって忙しくって

書いてるどころでなくって

といえば聞こえはいいけど

結局

なにもかも遅くって なかなか進まなくって

そのわりに

思いついたら 気になって 動きたくて

やりっぱなしのことが多いこと…。

はい。

ひとつ ひとつ やっていきましょ。

いろいろありました。

どこまでさかのぼればよいかわかりませんが

なんで書き始めたかっていう

そんなところにもどりつつあります。

そこをよけながら“いいかんじ”にまとめようとするので

どうも 違うんじゃないの?というかんじで…

勝手に書けばよいんですかね?

4月は我が家も“新学期”になりそうです。

何かご報告できればと思います。

ごぶさたしているみなさんが

お元気でありますこと

願っております。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

格闘中につき

なんて機械オンチなんでしょう。

というよりすべてにおいて…なのですが

かなり古くなったお店のHPをなんとかしようと

ま、それはムリな話なので(あきらめ早い)

ブログでもやって

いやいや 自分の分さえ満足に更新できないっていうのに

もう カメラも不調で 写真取り込めないっていうし

そんな感じです。

タノシイコトはたくさんあって書ききれないのですが

まあ今しばらく

あ、まずは確定申告とかいうやつだっけ?

いいんだっけ?

ああ 机のうえも棚の上もなんとかしたい…

いろいろ格闘中につき ということで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春一番!

がたがたがたがた

我が家は吹き飛ばされてしまいそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お休み。

雨です。今年初の“単独”休みなのに…。

基本は月水金+いける日がふとんやさんの仕事。

今の時期限定ではありますが火木土と写真やさんにいっています。
ほんとは日曜もなのですがそれでは家庭崩壊してしまうので丁重におことわりして…。

なんだかんだ年末も30日まで年明けも始業式の前に出動してますので
あららららと1月も後半。
今日は上がりが間に合わないのでとやっとお休みになりました。
なのに雨。
みなゆっくりしたいと思うので 日曜の洗濯大会はできるだけ避けようと思うのですがね。

洗濯物も乾かないし~ 郵便局はあとでてくてくいこう。
お母さんは家にいるものだと思っておりましたが いないものなのですね。
世のお母さんはどうしているのだろうか…。
(私が要領悪いだけですが…)
圧力鍋は必須かもしれない。うちにはないけど。
せっかくの冬のお楽しみがいろいろあるのに
お鍋でコトコトどころではなくて
とにかく早く食べられるものになってしまうもの。


さてその貴重な休みになんでこんなことを書いているか。
作業着の補修と練習用の座布団の仕立てをしようと思ったのにミシンのご機嫌が悪く  洗濯待ちしながら たな卸しの準備をしようかとパソコンを開けてしまったら…

はい、もどります。
「今だけだから、今だけだから」と手伝ってくれながら
「今日は休み?」と毎日聞くお父さんのために
なんとか“復旧活動”せねばです。失礼いたしました

::

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨です。

明日はやっとのおやすみだって~のに

また雨じゃないか…

なぜか仕事休みの日は雨が多い。なぜ?

嫌いじゃないけど

ば~っと洗濯して お日様にあたりたかったなあ…

さてと 明日は宿題のミシンでもやるとするかなあ。

まず 動いてくれるかかなり心配だけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そうなるようになる。

やっぱり帰り父ちゃんあてにメールと電話がありました。
このあいだの活元会のときといっしょです。
そういうことなのでしょうね。と思います。

厄年の、よりによって元旦に厄払いしてからしっかり3年。
家ももうすぐ2回目の更新だからあれやこれや4年。
今だから笑えますけど 何が起こるかわからないですよね。
でもこれもそうなるようになってでしょうけど。

夏のはなしがあったときは
やりたいことだしありがたいことですけれど 
体のこともあるし とりあえずやっとこ今“正社員”だし。
盛り上がっている本人のよこで そろばん、いや電卓はじいて
みたいな感じでしたが
そのあと“100年に一度”なんてやつで立ち消えになったりして…
まああとは父ちゃんにおまかせでしょう。
なんだか今回はあまり心配というか不安ではない。
不安というかけちつけてもしょうがないしなんとかなるでしょとね。
なにしたって 突然大金持ち!ってこともないし(笑)
屋根とごはんがあればねえ。
といってもとりあえず今日の明日のではないので
暖かくなるころには なんかなってるでしょうか。
また “現状維持”だったりして。
まあそれはそれでもよいしね。

とりあえず今は…
こたつで寝ちゃってる父ちゃん
運べないよなあ
と思っているところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

動物園?

なんでもないことですが

昨日 店の庭で“ハクビシン”捕獲されました。

この数日屋根裏をばたばたしてたのを

昨日の陽気で?日向ぼっこしてたのかな

店長がつかまえてました。

多摩川の河原にもよくいるとは聞いてましたが

初めてみました。

こないだは 啄木鳥のでかいのがいたとか

猫が迷いこんでくるのはふつうだったり

“動物園”かと思ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大きくなったね。

今日は何ヶ月に一度かの“夜遊び”の日。

achordionのライブに行ってきました。

2年前の春に出会ってからいいなあって

去年 東京に拠点が移ってやっと聞きにいける機会もできたりして

でもそうそう“ライブ”なんてとこにいけないのだけど

祖師谷のムリウイさんは空につながるいい感じのとこで

なんだか子どもといっしょでもいごこちがよいのです。

(今は冬なので室内でストーブのそばでゆるゆるとです。それもいい。)

きょうはやっと4人そろってこれたし

しばらくいそがしかったりしてゆっくりCDも聞けなかったけど

満田さんも最初に会ったころのような少し髪も短くなっていて

なんだか初めてのときみたいな感じでほわっとしていました。

クリスマスにあったライブの江田島は 

私たち家族の“おともだち”もいるとってもいいところだったり

そんな話もしたり(「行きたかった~」って)

そんな感じ

初めてのころはまだちっちゃい男の子だったうちのこも

なんだか私と変わらなくなってしまったり

お姉ちゃんも“お姉さん”らしくなってきたりして

「大きくなったよね~」

なんてね。

あっという間のような でもやっぱり2年っていう時間がここにあるんだなあって

そんなここちいい夜でした。

大きくなったなあって思ったのに

ぽわぽわっとして私のひざでごろごろしている息子君。

ま、いっか まだまだかわいいやつです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ついでに告知

日曜の楽しみはこれ

achordionさんのライブです。

今回もぞろぞろ子連れで行ってきます♪

  • 日時:1月18日(日曜)Start 18:30
  • 会場:Cafe MURIWUI (東京都世田谷区祖師谷4-1-22-3F)
  • 料金:投げ銭Liveです。
  • TEL:03-5429-2033
  • この日はムリウイの祝7周年を迎えるとてもハッピーな1日!パーカッションに菅沼雄太さんを迎えての演奏です。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    やっと週末

    期間限定ではありますが

    月水金、火木土と仕事です。

    つまり毎日。

    (お仕事されてる方には あたりまえといえば当たり前ですがね)

    自転車にエプロン出勤と コートで電車通勤に

    「今日はどっちだっけ?」

    ちょっとボケてきました。

    でも声をかけていただけるのはありがたいですね。

    今年はぽつぽつ書こうかなと思いましたが

    そんなかんじです。

    やっと後半。

    日曜はお楽しみが待ってます♪

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    新年。

    あけまして…

    は、かなり過ぎてしまい 気づけば11月からのごぶさたでした。

    これでもかと書いていた最初の一年。

    身辺的にいそがしくなったのもありますが

    何で書いているんだろう?と

    書いては消して書いてはやっぱり消して

    そんな2年目でした。

    無事生きておりますよ。

    でもいっしょにいる人は知ってるものね。

    だれに言っているんだろう?

    なんてことを考えておりました。

    「今日のこと」

    なんていうのはとうてい無理そうですので

    今年は 

    思いついたのも思い出しながら

    ぽつぽつできればいいなあ

    と思っております。

    さむいですねえ。

    と書くところですが

    まあまあ

    今年も暖房は “おこた”のみ

    よそにおじゃますると

    みんなでほっぺを赤くしておりまする。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    晴れた日。

    一日中洗濯物を干す。

    昨日、雨に濡れた分も全部洗いなおして。

    ;;

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    家族写真。

    い~ち、に~、さ~ん…とりあえず10まで数えて

    あとは6×9と8×10と使ったことない8mmと~

    いったいいくつあるんだ??うちのカメラ。

    まあ、“二人分”だからこんなもんかな~

    いや、ちがうよな…。ん~。あと伸ばし機二台は天袋でお休み中。


    写真撮る人はまめ~に記念写真を残すひとか 

    撮る方に専念する、ようするに写りたがらないかどっちかのようで

    うちは二人とも後者なわけで まああえて避けてるわけでもないけど

    どうも「撮りますよ~」といわれるほうは苦手なのかも。

    (言うほうはさんざんやってたので…)

    学校のスナップ写真もやたら少ない。

    というかどうも写真屋のおじさん(もしくは兄ちゃん)の“横”にいてしまうたちらしい。

    そんなわけで家の中に絶好の“被写体”が出現するも撮るばっかりで

    七五三も「こっぱずかしいわい」と子どものみ。

    入学式にお姉ちゃんの卒業式も終わって

    さてと気づけばまともなのは6、7年前、

    親戚対策、苦肉の策の年賀状用に多摩川の河原で三脚立てて撮ったのくらいか。(あ~若い~)

    このままいけば あとは嫁に出すとき…

    いやそれじゃ婿さんもいっしょかとか勝手に妄想に入ったところ

    大好きな写真をとるカメラマンさんに それも多摩川の河原で撮ってもらえる企画とな。

    もうこれはいかねば。

    人ごみ苦手で人見知りでも河原と音楽は好きな旦那さんに

    「河原で写真屋さんが記念写真撮ってくれるんだって~」と軽く振ってから先発。

    あとは「市」のお買い物とすればちょっとではありますが 

    セット組んでフィルムで6切の手焼きとくれば良心的。

    (というか「これで大丈夫なんですか?」と聞きたかった。)

    メーターで計ってポラ待って途中フィルム交換も入ったり

    懐かしい感じで まあ顔はがちがちだけども楽しかったです。


    と、まるで遊びに行ったかのように〆ましたが 

    実はお手伝いの最中だったりするわけで 

    ちょ~っとのぞきにいったら待ち時間なしていけたのでそ~っとイイことしてきました。(笑)

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    雨が心配…

    さて金曜日です。

    いよいよ半年に一度のお楽しみ、

    いえ、このすっごいパワーをこんな間近でいただいて

    トクベツなひとたちだとはわかっていつつ

    でも「がんばろ。」と思える2日間がやってきます。

    (なにがんばるんだ?がんばったのかどうかはさておいて

    思ったことを評価して…?)

    いつもの散歩道。

    大きな雨のあとはすっかり大きなみずたまりのグランド。

    しずくの残った草原をズボンを濡らしながら

    わさわさ歩くのも楽しいものですが

    せっかくの2日間。

    ごろ~んと草の上に寝ころんで

    ながれていく雲でもながめながら音楽でも…。

    土に緑に大事な雨ですが

    明日は晴れてほしいですね。

    「はーれーろー」

    いっときました。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    すごいです。

    虫の声。すっかり秋です。

    そろそろあったか毛布が恋しくなってきました。

    さて、秋といえば…

    もみじ市

    すっかり指折り数えてしまうようになりました…が

    今回、会場が多摩川の河川敷ということ。

    いつものお散歩コース。何度、おべんと広げてごろごろしたことか。

    ん~気持ちよさそう~なのですが

    もみじ市のブログを見るに次から次へとすごいメンバーが!!

    ほんとに集まっちゃうのかしら???

    なにしろ徒歩圏なもので 我慢できず(?)妄想さんぽしてしまいました。(笑)

    いいお天気になること祈って 楽しみに待ちましょう。

    もみじ市

    10月25日(土曜)・26日(日曜)

    多摩川河川敷にて

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    消えました…

    先月末の落雷でアンプとパソコンが壊れました。

    3週間の陸の孤島状態

    やっとこ修理から帰ってきたら 

    まっさらになってました。(泣)

    機械オンチなのでバックアップもちゃんとできておらず

    4年分の子どもたちの写真とかメールとか

    消えてしまいました…とさ。

    お気に入りも全部消え

    その前にメールの設定が…

    なんとかここにはたどり着けましたが

    はあ

    リセットしろということね。とほほ。

    空っぽになった 「お気に入り」

    またひとつひとつ 今 だいじなものを

    あつめていくんだなあ。

    壁紙?いやメールをなんとか

    ああ 明日もしごとだし

    とりあえず

    生きてますのご報告まで。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    ちょうど。

    なにを書いたものか考えていませんでしたが

    まあ

    お誕生日ということで。

    なにがかわったということもありませんので

    とりあえず書類のたぐいを書くときにまちがえないようにすること。

    二人そろって必需品のくせに せいのっと行けずにいた

    やっと眼鏡屋さんにいってきた。

    今時、30分お渡し、とかフルセット5000円とかいっぱいあって

    よくわからないのですが まあいつものとこで

    いつもどおり一週間待ちなので

    待ちましょう。

    保護者会には行けそうも無いかんじのだけど…

    ま、それはそれで。

    余力でRoundaboutに。

    「ラウンダバウト」自体 回り道 寄り道 みたいな意味なので

    そのまんまかとも思いますが そのおかげか

    そこでもここ何年来の探し物がみつかり

    すっかり誰の誕生日かわからなくなってしまいましたが

    まあ よいとします。

    くわしい解説はまた後日。

    たるたる歩いて帰ったら3時間。

    こんな一日でした。

    このまま 寝てしまいましょう。あとは また明日。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    ようこそのお越しを

    棚卸しあとの整理に格闘中

    少々お待ちを。

    って待ってないって。(笑)

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    社会科見学。

    表参道&竹下通りいってきました。ふう。

    そういえばマーケットで毎月代々木公園に行っているというのに

    寒くなってから探し物ついでに渋谷駅まわりで帰ろうと

    (いつもは代々木八幡からてくてく。)

    ハチ公にあいさつに行ったらなんと命日でびっくりして

    それがさらに初対面な娘にさらにびっくりしたもんでしたが

    (あれ?電車で30分。もしかして生まれて12年

    一度も渋谷につれて来たことない…のか??)

    そろそろお年頃、雑誌を買い集め おこづかい帳と格闘な娘と

    社会科見学にいってきました。(脱走息子つき)

    くるくる~ぐるぐる~

    もともと“趣味”ではないので

    人とモノと音と 溢れきったモノに アフアフしてしまいました…

    この中で“イイモノ”を探す

    なんてワザ …

    いや ゴメンナサイです。

    とりあえずとりあえず社会科見学。

    見せるだけ見せる

    高いの安いの カワイイのカワイクないの

    でも 決め手なし。

    雑誌に載ってた店。友達が行ってた店。

    へ~ほ~ふ~ん。

    アシイタイ。ツカレタ。

    さてと も、いっかな

    表参道を渡り 裏通りを散策。

    突然 別世界のような静かな路地。

    そこに ぽつぽつ

    “好み”なかんじ。

    なんにもない田舎の路地のいい感じともちがうけど

    イイモノあるかもな気配も少々。

    でも“モノ”はもういいかな…

    終わりの時間なのかな それとも夕涼みタイム?

    店の前にテーブルを出して並ぶおいしそうなパン。

    いつものマーケットの調子でお客さんの会話で情報収集しつつ

    おにいさんおススメを試食してみたり

    なんだかお気に入りが見つかったらしい。

    アップルタイザーにクランベリジュース

    「今日は辛口にしてね」とジンジャーエールな少年。

    おいしいパンといっしょに

    ちょっとだけゆるゆるな時間。

    かと思ったら あっという間に完食。

    …まあそれもよいですけど。

    ゴチソウサマして 歩きだし 駆け戻る。

    「“あかさん”おみやげにしよう。おいしかったし」

    そうそう おいしいは おしえてあげないとね。

    てくてく てくてく

    写真集いっぱいの本屋。

    こんなおっきなビルになる前ね。

    小さな店にぎゅうぎゅうな本の山。

    額縁みたいなウインドーの黒い枠の中

    行く度に変わる写真集の表紙

    とっても買えないしね。

    そーっと入ってページをめくる。

    でも表紙がいちばん良かったりしてね。

    一人できて 一人できてて 二人でもいった。

    そんなとこだ。

    てくてく てくてく

    ハイ、駅の前。

    君たちは とっくに迷子だったみたいだね。

    道は変わらない。ちゃんと帰れたよ。

    でも みーんな変わって みーんななくなった。

    ドキドキしなくなったのは

    街のせい 人のせい 自分のせい

    社会科見学終了しました。

    ::

    ::

    “あかさん”はOPATOCAの赤ワインとグレープジュースを練りこんであるパン。

    おススメ。

    あと鼓笛隊、あんばた子 おいしかった

    のであった。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    ヨコガキ

    帰り道 近所の本屋さんに寄りました。

    夏目漱石「こころ」 横書版 ありました。

    世の中 携帯小説流行りとか 横書き本が売れているそうですが

    どんなもんですか。

    旧仮名 活版 茶色い文庫。

    ページをめくる紙の感触をたしかめながら…。

    空想しつつ 妄想しつつ

    横書きで書いているわけで

    どうなの。

    と自分に聞いてみた。

    :

    :

    夕飯なんにしよ。

    おいしいもの食べたくなる。

    食堂かたつむり

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    降るか?

    ひさしぶりに家にいます。

    大洗濯大会していましたら

    ゴロゴロゴロっと怪しい黒雲が…。

    洗濯物を取り込んで

    今か今かと

    待っていましたが

    セミの声?

    なかなか ざざっときませんね。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    年齢相応に

    なんとなく“ここではない”かんじ。

    なんていうと“ここ”楽しくないのかよ!と失礼なはなし。

    楽しくないのではなくてね。

    背伸びするわけでもない。未だ大人の自覚が無いし。

    でも若くもない。

    何もこわくない、不死身な無限な時間の中にはいない。

    いや そんなもの感じたことはないかな。

    こどものころからいつも“終わり”ばかり想像してたし。

    お酒はおいしい。はなしも楽しい。

    でも 話そう話そうとしてる自分は

    やっぱり違うのかもしれないのかな。

    ものごとは長さじゃないよ。濃さだよっていうけど

    やっぱり「時間の重なり」だと思う。

    どんなにいそいでごしごし磨き上げようと思ったって

    10年20年気づいたときそっとなでただけだって

    そのなかにはそれだけの時間に包まれている。

    たぶんみんなはその時間の中にいて

    ごしごしやってる自分がいる。

    でも無心にもなれなくて 早く早くそればかり。

    誰かと比べてごしごし磨いたってそれはそれだけものも

    でもいつもまにか何年もいっしょに過ごしたものがある。

    ある。

    いろんな人に会う。みんなすごいなあ。

    その人の年齢に自分ってなにしてたんだろう。

    ああ、もう子育てしてたわ。

    子どもがいなければ 結婚しなければ

    そんなことはないよね。できるひとはできる、なにがあっても。

    しなければ、なんてことはない。

    今は 今までの自分がいたからここにいる。

    どんどん新しいことおもしろいことに出会う毎日ではないかも

    でも毎日おんなじではいてくれない人といっしょにいる。

    「来年になったらね」

    なんて 

    来年になったらまたひとまわり大きくなったからだと

    一年分いろんなこと抱えたこころで

    全然違うものが見えるんだろう。

    畑の帰り、すこし寄り道をして海へいったよ。

    来年、再来年 もう私を追い越してしまうだろう。

    4人で海なんてあと何回あるんだろう。

    酔っ払ったフリをして大騒ぎの真似しても

    ちゃんと子どもの寝床の確保したりお風呂の支度して

    二日酔いなんてなんだろうって

    ザゴ寝の祭りのあとも ふだんとかわらず

    起きてくる“おかあさん”な人たち。

    年齢相応に分相応に 

    今したいことと 今できること

    背伸びしないで

    でも時にジャンプして

    なにができるだろう。

    夏休み。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    探検隊。

    なんとか再生できた。これで寝床確保。

    いまでこそ世の中「古い一軒家でかわいく」

    なんて雑誌で特集ができたりするくらいだけど

    十数年前 都内で古い平屋、さらにわたしたちの予算内

    不動産やにも怪訝な顔されるのがあたりまえだった。

    それでも古ビル事務所に畳な部屋とか四谷三畳一間窓外お墓

    とかいろいろ見つけてくる相方といればなんとかなるもので

    ちっちゃい古家も二件目。

    でも前のときはいろいろ凝ってみたりもしたけど

    今のはランドセルに教科書にどんどん増えるモノに

    「おとなの都合」とかはさておいてになっていく。

    あ、分度器発見。探してたヤツ。片付け下手は親似だよね。

    我が家は襖が無い。

    引っ越して最初にやったのが襖を押入れにしまうこと。

    押入れの上、半分は襖がつまっている。

    あとはその手前にテレビも本棚も全部押入れ収納。

    素人大工さんにお願いしたのでサイズきっちり注文通りだけど

    ひさびさに配線いじろうと出してみるかと思ったが

    「よくいれたねえ。」な感じ。(笑)

    まあなんとかなりましたが。

    出してみれば 真新しい襖 

    出していればとっくにやんちゃ盛りな人たちにボロボロにされてた

    まあ、それはそれで“勲章”だったりもするんだろうけどね。

    へ~とか眺めつつ こんなんだったんだ~(知らなかったのか?)

    引っ越してきたときは

    おとな二人でああでもないこうでもないとやっていたこと

    いまは私が腕組みしていてもどんどん運ばれていって

    そんなのとこも届くんだ~。なんて。

    どおりで家がせまくなるはずだよね。

    このあいだまで手の中におさまってたと思ったのに。(それは前過ぎか)

    前の住人の置き土産、生け垣と変わらなかった

    桃の木も大きくなって大家さんちの屋根に届きそうだ。

    なんにもかわらないようでかわってるようで

    でもあいかわらず 片付けは下手で

    お父さんに怒られて

    でも「ま、いっか」とご飯食べに行って

    仲直りしたけど

    ああ、もう一人前なんだよね。

    と空いたお皿をながめて苦笑いする。

    仲間のようで友達のようで貫禄もないけど

    大きくなっていく子を見ると、やっぱ親なのかなあと思う。

    なんて ひたってる場合でなくて

    ご機嫌ついでにひさびさにDVDなんて借りたけど

    配線しないと見れないよ。

    というはなし。

    お母さんはできませんのでどうぞよろしく。

    パソコンは復旧させましたのでお仕事完了。

    そんな感じ。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    どんより。

    【どんより】
    1.空が曇って薄暗いことを表わす。
    2.目つき・色合いが濁っていて、生気がうかがわれないことを表わす。

    のだそうです。

    どんよりです。

    ただこの時期の梅雨の空は私の中のどんよりではない感じ。

    同じ薄雲のようで でもいつ雨粒が落ちてきてもおかしくないような

    蒸し暑い湿った空気 ふっと風のなかに雨のにおいが交じる

    つねになにかが変わっていて 

    さっと気まぐれに吹いた風 雲間からのぞいた太陽めざして

    洗濯物を出してみたけど それはほんとにきまぐれで

    こまかいシャワーのように 庭の緑が揺れはじめ

    洗濯物しまわなくちゃ。

    故郷の空は どんよりで 冬は鉛色。

    それが空の色。

    うごかない変わらない。

    うごかない空に 白い点が 現れて ひとつふたつみっつ

    ふえて ふえて ふえて

    どんどんどんどん空の色は薄まって 

    でもやっぱり白ではなくて 薄まった鉛色。

    湖の向こうの山も見えなくなって 

    砂浜から海のむこうがひとつづきになって

    なにもなくなって なくなって

    でも すっと消えてなくなるように

    足もとがすこし濡れてて しゃりしゃりするけど

    また 変わらず ずっとそうだったような どんより鉛色。

    どんより。

    元来 私は「どんより」の人

    それはそれでよかったはずなのに

    いつのころからか 

    親になってからなのか

    どんよりの「反対側」にいこうとしてた。

    雲ひとつ無い青空の中。

    いつも晴れ晴れとした 元気いっぱい

    いろんな色 色 色 いろにあふれる世界。

    どんより。

    それなら それでもいい気もするんです。

    なにも変わっていないから。

    濁った色は 時間を重ねた 錆色のようなので

    たぶん 今も変わらず 鉛色のどんよりした空が

    いいのです。

      

    | | コメント (1)

    自給へまず一歩

    明日は大豆の種まきです。

    今年で二回目。

    でも畑のお父さんにいわせれば「土に向かうときは毎年一年生。」

    なのだそうです。

    個人的に行ってたりするので 明日はイベントな感じではありますが

    街の中歩いても 

    きっと話すことも すれ違うこともなかっただろうひとたちと

    土の上 裸足になって 笑いあえる

    すごいよね。

    どっかのえらいひとが テレビの中で自給率がどうのいってって

    それを見ながら またどうのこうの文句言って

    「だれかが」やってはくれないでしょう。

    お金を出して 有機だオーガニックだといってっても

    それがどこでどんなふうにそだってきたのか

    だれが育てたのか 写真付だろうとなんだろうと

    その場所に立ってみなくては。

    立派なおとなではないのかもしれないけれど

    子ども達に見せるのは 世の中に文句を言う姿ではなくて

    同じように1年生でいいから 同じように土に向かうこと

    そしていっしょに収穫を喜ぶこと

    それがたくさんのひとといっしょなら

    もっとうれしいはずだから

    自給なんてエラそうにいうには程遠いけど

    まずは 種をまかなくちゃ。

    ご一緒しませんか。

    草取り 収穫 脱穀 味噌つくり

    大豆つくりはいそがしいのです。

    http://www.toziba.net/daizu_blog/?cat=5

    | | コメント (2) | トラックバック (0)

    お返事。

    ありがとう。

    ひとりごと、だけど 少しは期待などもしていたかも。

    日記でもないし 報告でもないし

    お知らせしたところで だれかいるのかいってことで。

    まあよいのだけれど

    引き出しの整理をした。

    1992年のエアメール。

    離れているのが空想の中のように

    毎日毎日 カードがたりなくて スープの箱ひらいて

    切手貼って出したこともあって

    週一回のお返事。

    恋しい思いが重くなり でも待ち遠しかった。

    時折 出してみては 反省

    ではなくて

    思い返し 今のふつうに感謝。

    今なら世界中どこでも

    携帯片手に「もしもし元気?」

    なんだろうなあ~

      

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    お~い

    誰かいるかい?

    まあ、ひとりごとなんだけど

    というはなし。

    | | コメント (2) | トラックバック (0)

    田んぼ行きます。

    今週末は田んぼです。

    田植え?ではなくて“草取り”です。

    きれいな水がはられた田に稲がさわさわゆれる。

    そんな田のまわりにはいきものがいっぱい…。

    ではなかったのですね。

    除草剤、農薬でそだてられた田には水草のすがたはなく

    蛙のこえも 虫たちのおよぐすがたもないのですね。

    減反減反、高齢、後継問題、それでも 

    こんなにたくさん田んぼあるじゃない。なんて思うのに

    そのなかで“生きている”ものがどれだけあるんだろうって。

    今年も合鴨ちゃんと戯れて…いえ合鴨ちゃんのお手伝いして

    田んぼの草取りの季節です。

    とはいっても わたしたちができるのはほんのちょっと

    田んぼのおとうさんは毎日見回りをし 草取りをし

    早めの入梅にどんなようすでしょうか。大きくなったでしょうか。

    やらなくちゃいけないこと、やっときたいこと

    いろいろあるけど

    ごとごと電車にゆられて

    田んぼのかぜにふかれてきます。元気もらえるように。

    着替えたくさん大きなリュック

    すっかり田舎の子なふたりといっしょに

    週末旅にいってきます。

    お手伝い、合鴨のおともだち募集しています。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    家内発注

    前川秀樹・像刻展「水源」

    見られませんでした。残念。

    いろいろちょっと気がいってることがあって タイミングを逃してしまって

    いや、案内を見ているだけで あっ…とすいこまれるような感じと

    あっ…とふみこんではいけない感じ。

    すごいすごいといわれればいわれるほど

    足踏みしてしまいました…。

    (いえ、時間もとれなかったんですけど。)

    熟成、醗酵を待ち 次回予定は一年半先だそうですね。

    「ご縁」ということばもどうかと思いましたが、

    「縁がなかったのね。」と言い聞かせてみる。

    世の中には大きくも小さくもすごいひとがたくさんいて

    すごいなあ すごいなあと思えば思うほど 

    自分はなにしてるんだろうなあとか 

    そうはいっても簡単になれるもんでもないしなんて

    でも自分はそれだけのことをしていないわけだから…

    しょせんとか けっきょくとか

    本棚の整理をしては出して眺めてみる。

    パズルのようなトタン屋根。きれいに並んだ道具たち。

    「家内発注」された金属の持ち手のバッグ。

    つくる人の暮らし。

    「こんなくらしがしたいなあ。」(「できないけどね…。」)

    なんて自己完結。

    写真を見、文を読み、いつものように本を閉じようと、

    「前川…?」 それは前川夫妻のくらしでした。

    何度も見ていたはずなのに通り過ぎていた作家名。

    「なんだそうだったのか」

    もう4年も前の本でした。

    そしてそこにはありました。

    いっしょにつくることがあたりまえでつくるはなしばかりして

    出会ったときから「時間にはかえられない」があたりまえ。

    それが時間をお金にかえているような 

    数の大きさの早さのためのような

    なにが「ふつう」かわからなくなって

    でも結局 くらべてばかりいたということだったということ

    仕事で学校で 本の中の話まで。

    子どもたちが一日がかりでアイスクリームを作ってくれました。

    お砂糖と乳製品には気をつけつつ…

    なんて、ひさしぶりに楽しいデザートになりました。

    子どもが小さいとき よくパンを焼いていました。

    休みの日ピザを仕込むのがお約束。

    食事とか暮らしとか大事なものいっぱいだけど

    お母さんがんばる

    ではなくてみんなで楽しいのがいいよねって。

    私がしたいのはひとりっきりの作品作りでもなくて

    おうちでふたりでつくりたいんだな。暮らしとかモノとか。

    「水源」見れなかったのは残念だけど

    いつか「LOLO CALO」なふたりに出会うまで

    おあずけということかな

    と妙に納得して 本棚に戻したのでした。

    (でもちょっとひきこもり。なんだか長いこと「下書き」のままだったのでした。) 

    | | コメント (0)

    夜遊びも よいよ。

    いきたいなあ 。

    基本 夜遊びはしないひとです。

    夜のおでかけといえば4年に一度の同窓会くらいでしょうか。

    (お、今年か??)

    なので ライブなどというものもホントに縁が無く過ごしてまいりました。

    でも どーしてもいきたくて 楽しみにしてました。

    achordionのLiveです。

    夜なの子ども達は…と思ったけど ムリウイさんならいいかな。

    階段をあがると少し夕暮れ。でもまだ明るい空がありました。

    ビルの上を抜ける風は見下ろす商店街のにぎやかさととも違って

    心地いい風でした。

    そんな心地よさのまんまのライブ。

    楽しかったです。

    お話したりギター弾かせてもらったり ご満悦な息子。

    初めての夜のライブにほわほわな娘。

    たまには 夜遊びもよいかも。

    きっとこの心地よさはずーっと残るから。

    またいきましょう。

    すっかり常連な顔をして。

    トーフバーガーおいしかったね。

    でもこんどはジュースのおかわりは なしですよ。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    いきたいなあ。

    商店街をてくてくてくと

    まだまだてくてくと

    もういいかなあというころ

    本屋さんの店先の横ににちいさい看板。

    ビルの階段をあがりいいカンジの事務所ドアを横目に

    ちょっとさびさびゴコロくすぐられる鉄階段でもうすこし

    晴れたら気持ちいいだろうな。

    でも雨音といっしょもいいかも

    いきたいなあ。いけるかなあ。

    ::    

             achordion LIVE

        日時:6月6日(金曜)Start 19:00   投げ銭Live

        会場:Cafe MURIWUI (東京都世田谷区祖師谷4-1-22-3F)

      

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    育恵時間~はぐたいむ~

    つながってる。ということらしい。

    土曜日、三鷹のアイカフェでのイベントに行ってきました。

    アースデイマーケットではよくお見かけしたり

    ブログとかHPをチェックしては「ふむふむ」

    そんな方たちがなにかおもしろいことをやるそうで。

    とっても“身内”な感じのところに ちょっと“よそ者”な感じ

    ちょっとどきどきもしましたが

    いってみたら「な~んだ」

    畑で会った人、いっしょにテント張った人、知っている人知ってるひと

    すっかりいつもいるようにおいしいものたくさんいただいてきました。

    (おいしいもの達の話はこちらでhttp://fudoclub.seesaa.net/article/96374374.html

    :

    感じたこと。

    「とりあえずやってみよう。」

    気になってること、自分だけがひっかかってるみたいで

    変なヤツなのかなとか

    きっとだれか気づいてるはずだから「いつか」とか

    「いつか」は誰かのいつかであって

    「それ知ってたもん」と「やってるもん」は違うということで

    とりあえずやってみるということ。

    そして「やってる」ひとたちがいた。

    前だったらあせってたかも こんなにやってるひとがいるのに

    なんで自分はなにもしてないんだろうって。

    でも たのしかった。

    よかった。おんなじにひっかっかってるひとがいて

    それぞれじぶんのいちばんひっかかってるところに動いてる。

    これでいい。

    私も自分のひっかっかてるところにむかっていこう。

    ゆらゆらゆれながら

    でもひとつづつ。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    日常・非日常

    ゴールデンウィーク。

    連休終わりでお疲れさま。ゆっくり休みましょう。(笑)

    例年通り大きな旅行などはなし。それでもちょこちょこおでかけ。

    まずは 例によっておにぎり売り子のお手伝い。

    今回はいつもの代々木公園ケヤキ並木から飛び出して

    表参道ヒルズ、六本木ミッドタウンに続き 今話題の「赤坂サカス」。

    どれもこれも東京に住んでてもきっと自分ではいかないだろうなあ

    きらきら新しい店がたくさんで いったいなに屋さんなのか

    そこにどこからあつまるのかたくさんの人人人

    買い物袋を山と抱えて 不景気だとか節約だとかどこの国の話?

    といってもイベントとはいえ 

    「そこ」で“売ってる”わけだからなんとも複雑…

    でも伝えないと伝わらなくて いつものとこにはちゃんといつもの

    心地よい人たちが集まってくれるけど

    別の場所には別の人たちがいて

    でも「別の」ひとではなくて ほんの少し前のわたしたちみたいに

    知らないだけかもしれないし

    出会ってないかもしれない。

    そこからどこへ向かっていくかは自分しだいだけどね。

    近くに住んでるっていうひとが野菜を買ってくれて

    お隣にあげたらすごく喜ばれてって何回も来てくれた。

    「そうか~赤坂にも住んでいる人いるんだ~」とは失礼な話だけど

    自分にとってイベントの中、一瞬の「非日常」

    この中にも生活しているひとがいるんだなあ。これも出会い。

    代々木公園のアースデイマーケットのときも

    近所で40年住んでいるっていうおばあちゃんが毎月来てくれる。

    わたしたちにとっては渋谷といえば…だけど

    おばあちゃんは「なんにもなかった」ときから住んでるって。

    とってもすてきなおばあちゃん。

    どこかどこかって探し物ばかりしてるのが恥ずかしくなるくらい

    ちゃんと暮らしてるってかんじがした。

    帰ったらお留守番隊 草取りしてた。

    またすっかり広くなった(気分だけ?)庭で ひなたぼっこ。

    大家さんもがんばってるね。

    とうもろこしの芽も少し背が伸びた。

    えだまめたちもせいくらべ。

    さあ、ごはんのしたくしなくちゃね。

    いつものわたしたちの「日常」にもどろう。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    終わりましたね。

    花市行ってきました。というより2日間居座っていたんでしょうか。

    すっかり居ついています。

    去年の花市にいきました。

    ちょこっと雑誌に載っていててくてくいつもの散歩のみちが

    なんだかすてきになるらしいということで。

    すっかりはまってしまいました。(笑)

    つくるひとの顔がみられるのはすてきなことで

    手にとって確かめられるということはすごいことだと思います。

    それが心地よい音色が流れる中で木々にかこまれて…。

    街にはものがあふれてあっぷあっぷ溺れそうです。

    どんなにとおくにいてもこうしてつながっていれて

    でもボタンポン、クリックひとつで届きます。

    そんなかたちもあるのはわかってはいるのですが…

    そっと持ち上げて重さを感じて

    大好きなんだけど今日はちがうような気もして

    いろんなひとの手にはこばれて

    朝とは違う場所で少し傾いた光にあたって

    やっぱりいいなあと思ったりして…

    そういうことかなあ。

    少々人数は多いですが…ね。

    でもそれもまた

    質問にていねいに答えている作家さんのはなしを

    そっといっしょに聞かせてもらって なるほど

    なんてもういちどあらためてながめてみる。

    そういえばまたちがう表情があったりして なんてね。

    二日間おしかけ売り子させていただきました。

    じぶんがつくったのではないのでかなり無責任に

    でもだからこそ 大好きなものをいいでしょう いいよねと言える。

    単純にお客さんと同じに いっしょに悩んでみたりして

    今日しかない とは思うけど

    きっといっしょに帰れるモノの感触は 自分のどこかで決まってるし

    今日かもしれないけど やっぱり1年後かもしれないし

    小さな工作員達 素敵なボードができました。ちいさなおともだちに

    お兄さんぶって教えたり楽しかったらしいです。

    ありがとうね。さわこさん。

    やっとイサドリやってきました。かりんにしました。顔できめました。

    椅子とテーブルはまだまだ先だね。

    ってすでにちっちゃな家に5脚もあるので置けません…。

    これでおうちが3つ。やっぱりセンシャすきなんだよなあ。

    どんどんすてきになっていくけど“濃いいヤツ”もダイスキデス。

    イサドさんありがとう。

    さて待って待って待ちました。(勝手に待ってろ?)

    1日目雨でライブ中止になってまた待って

    achordion聞けました。

    桜の頃より少し緑も濃くなって

    心地よい音色をお寺の奥まではこんでくれました。

    今日はCD聞きながらゆらゆらとひたっています。

    お出かけしたぶんのお片づけしながら…ね。

    やばい ゆるゆるのまえにまずはここから

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    おかげさまで。

    4月8日
    暴風雨 卒業式に続き、嵐の入学式に波乱の予感。
    (ってみんなで雨でしょって)
    夜から足いたくって初日に遅刻。
    そのまんま水抜かれて血抜かれてギブスされて松葉杖になって
    二日休んで…
    入学早々浦島太郎娘。
    「はあ…2年のクラス替えにかけるわ…」なんて脱力…

    先生「歩くな」って
    病院は駅の前、バスもないしタクシーはこないし あ、喜多見だし
    これウオーキングでしょう。歩いてますけど??
    学校は目の前、畑の向こう岸。
    でも1年生は4階だ。松葉杖無理なんですけど??
    んでも「アースデイ」には行きたいと
    せっせとリハビリ。

    というわけで
    松葉杖持参の「アースデイ」でしたが
    ご満悦のよう
    無事?本日、松葉杖返還いたしました。ぱちぱち。
    まだ自転車は乗れません。
    でも来月は「おにぎり売り」できるでしょう。
    「9ぱんや」きたら行っちゃうでしょうがね。

    あとは葛藤です。
    本人は「花市」行く気満々です。
    よみうりランドへのお誘いを振り切ってでも「花市」なのです。
    友情にひびが入らねば…っていうか
    当然、遊園地はまだやめてください。
    体育見学してるくせに
    運動会 いや中学は体育祭 さっそく見学は勘弁です。
    バトミントン部はやめのようです。先輩がこわいんだそうです。へ~。
    ひざと足首爆弾持ち。あそびの範囲にしてくださいです。
    次の候補は 合唱部。
    腹筋、足上げ体育会系いいでしょう。
    母さんは吹奏楽部おススメしましたがダメなようです。ちぇっ。
    あとは 父さんゆずりの「音痴」だけが心配です…。

    ということで
    週末は狛江で「花市」

    http://tegamisha.cocolog-nifty.com/hana08/2008/02/post_2384.htmlあそんでまいります。
    秋はアースデイ並みの混雑でした。ほほ~
    今回はいかがなものでしょうか?
    晴れますように。
    親方にてるてる頼んどきます。
    あ、「親方」 大家さんの枝打ちの山漁ってきて
    なたとナイフで竹箸つくってます。
    近所の奥さん方にあげると「上手~またつくってね~♪」
    せっせとくばって腕をあげています。(なんの?)
    ということで今週はいけませんが「ミッドマーケット」
    http://www.tokyo-midtown.com/jp/anniversary/mid_market/
    のみなさまの作戦成功お祈りしております。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    今年も

    4月22日はアースデイ「地球の日」

    環境のこと 自然のこと 未来のこと 

    今自分たちにできることを考える日。

    といってもむずかしいことばかりではなく

    どうしたらみんな「たのしく」「おもしろく」「しあわせに」

    「心地よい」暮らしをしていこうかって考えてみようということ。

    今年は4月19日・20日代々木公園がアースデイイベントです。

    もちろんアースデイマーケットもありますよ。

    NHK前ケヤキ並木通り竹テントが目印です。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    お花見いきましたか?

    お花見。
    桜の木の下でお弁当を広げて、宴会なんかしちゃって…
    というのを「お花見」というならやってませんが、
    二子玉川まで自転車で走ってきました。いいかんじです。

    窓の外、庭の桃の花が満開です。
    なので ただいま「お花見中」です。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    音沙汰なし

    「便りのないのは良い便り。」

    とはいいますが、木曜日「着いたよ。」の電話以来音沙汰なし。

    さて今日は火曜日。

    明日の夜、寝台でたつ予定なので木曜の朝には会うわけですが

    さすがに、と思い電話してみれば

    「元気だよ。」

    とは母。つまりおばあちゃんなわけで…

    本人達の登場はありませんでした。

    …元気なようで、まあいいか。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    «12年ぶりの1日目。